• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新連載! 女社長とAV監督に恋を学ぶ!?

2014年11月13日

女性の感情や思考を考え続けてきた二人からの恋愛指南

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
川崎貴子
1997年に人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。経営者歴18年。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女性マネージメントのプロ」の異名を取る。女性誌での連載、執筆多数。著書に『上司の頭はまる見え。』サンマーク出版。プライベートではベンチャー経営者と結婚するも離婚。8歳年下のダンサーと2008年に再婚。9歳と2歳の娘を持つワーキングマザーでもある。ブログ「酒と泪と女と女」を連載中。
二村ヒトシ
1964年六本木生まれ。慶應義塾幼稚舎卒、慶應大学文学部中退。97年にアダルトビデオ監督としてデビュー。現在も4つのAVレーベルで、プロデューサー兼チーフディレクターを務めている。著書に『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(イースト・プレス)などがある。
公式サイト:nimurahitoshi.net

社長・川崎貴子さんと、AV監督・二村ヒトシさんの連載が始まります。女性の転職支援の会社を経営し、これまで相談に乗ってきた女性は1万人以上という川崎さん。ご自身も、就職、結婚、出産、起業、離婚、再婚と、女性&ビジネスパーソンとしてひと通りのことを経験してきました。片や、AV業界で25年以上活躍し、女性の感情や思考、男女の関係というものについて考え続けてきた二村さん。女性が読むと「泣いてしまう」と評判の恋愛本『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』なども出版されています。この2人が「恋」というテーマで、日経ウーマンオンライン読者の心のうちを探っていきます。最初はプロローグとして、お互いの自己紹介からスタートです。女性社長とAV監督という、どう考えても人生が交わらない2人が初対面。さて、どうなるのでしょうか――


■ダンサーと聞いて、すぐ電話番号を交換した

――では、今日は二村ヒトシさんと川崎貴子さんの連載の打ち合せということで……

二村ヒトシ(以下、二村) えっ、そういうマジメな話だったの? ぼくが川崎さんとデートして映画を観たりディズニーランドに行けたりする企画だって聞いたから来たんだけど……。

川崎貴子(以下、川崎) そうだったんですか(笑)。いやー、二村さん、はじめまして。お会いしたかったです。

二村 こちらこそ! 川崎さんの書かれた恋愛コラム(川崎貴子の酒と泪と女と女)を読んで、ずっとお目にかかりたいと思ってたんです。内容は若い女性への恋愛指南って感じですけど、時々川崎さんが、前の旦那さんとのエピソードなど、ご自分のことをふっと書かれるのがたまらなくて。

川崎 そんなふうに読んでくださってたんですね(笑)。

二村 憧れの川崎さんを前にちょっと照れてしまうんですけど、訊きたかったことをいろいろ伺ってもいいですか? 川崎さんは、いまの旦那さんとどこで知り合ったんですか。

川崎 出会ったのは、前の夫と離婚してシングルマザーだった時ですね。次はどんな人がいいのかなってぼんやり考えていた頃に、経営者仲間が結成しているおやじバンドが出場する大会を観に行ったんですよ。そこにダンサーとして来ていたのが、今の夫です。

二村 ダンサーですか! もう会った時から恋に落ちてたんですか?

川崎 恋に落ちてたというか、私はその日、朝から飲んでいたので、会った時はもうベロベロだったんですよね(笑)。意識が朦朧としているなかで、隣にすっと座った人がいたから「だれ?」と聞いたら「ダンスチームのメンバーです」と。それで、「あなた、何が飲みたい?」って聞いたら、「そこにあるパフェが食べたい」と言われまして。

二村 女子か!(笑)

川崎 私はそのとき、ヒレ酒を飲んでたのにね(笑)。で、職業を聞いたら、コンテンポラリーダンサーだというので、電話番号を聞きました。

二村 なぜ(笑)。

川崎 いやあ、何人もの友人に「今度付き合うなら、クリエイターかアーティストが合うと思う」って言われてたんですけど、私が普段出会う男性って、経営者とか社労士とか弁護士とか漢字で表記される職業の人ばかりで(笑)。「コンテンポラリーダンサー! 横文字!」と馬鹿みたいに反応しまして、どういう職業かまったくわからなかったけれど、すぐ番号を聞いたんです。

二村 そこからは、その女子力の高いダンサーのほうからぐいぐいと?

川崎 いや、いつも連絡は私でしたね。出張先から「明日空いてる?」って電話して、次の日会ったり。ダンサーって定期的に仕事があるわけじゃないから、いつも空いてるんですよ(笑)。今は、就職したので忙しいんですけどね。

二村 知り合って何年になるんですか? 年齢は?

川崎 8年目になります。年齢は、彼のほうが8歳年下です。

二村 いいですねえ。そして、今は娘さんが2人いらっしゃる。

川崎 そうです。デートとかいいながら、二村さんもご結婚されてるんですよね?(にっこり) 二村さんは、奥様とどこで出会ったんですか?

二村 えーと、大学生の時に、まじめな勉強会みたいな合宿で知り合いました。妻のほうが3つ年上です。もう30年くらい一緒にいることになるんだなあ。

川崎 お子さんはいらっしゃるんですか?

二村 中学生の息子が1人います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
二村ヒトシ・川崎貴子
二村ヒトシ(にむら・ひとし/右)
1964年六本木生まれ。慶應義塾幼稚舎卒、慶應大学文学部中退。97年にアダルトビデオ監督としてデビュー。著書に『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(イースト・プレス)などがある。
公式サイト:nimurahitoshi.net  twitter:@nimurahitoshi

川崎貴子(かわさき・たかこ/左)
1997年に人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。経営者歴18年。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。9歳と2歳の娘を持つワーキングマザーでもある。
ブログ:酒と泪と女と女 Twitter:@takako_kawasaki
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ