• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キャッシー・ホーのココロとカラダの磨き方

痩せにくいカラダの元凶は“ストレス”

2014年11月6日

運動も食事もちゃんとしているのに痩せない原因を考えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさんこんにちは!キャッシー・ホーです。今回はストレスとお腹の脂肪の関係について私の体験談を踏まえてご紹介したいと思います!

なぜ?運動も食事も気を使っているのに結果がついてこない…

 最近、気合いを入れてジムでハードに運動し、ヘルシーな食事を続けているのにも関わらず、いつものように結果がついてこないということがありました。ちょっと心配だったので、今の運動や食事が本当に効果を発揮しているのかを知るためにも病院で検査を受けてきました。西洋医学、東洋医学の先生にそれぞれ診てもらった結果、両方に指摘されたのが睡眠時間

 私はいつも夜中2時、3時に寝ているのですが、それがどうやら原因だったようです。健康なライフスタイルや美しいスタイルを保つには健康な食事、運動、睡眠が不可欠なのは頭では分かっていたのですが、ついつい最後の睡眠を怠っていました…。

睡眠不足もカラダにとってはストレス

 私は睡眠時間が少なくてもいつもハッピーでエネルギーいっぱいなので、毎晩の夜更かしがカラダにどんな影響を与えているかをあまり考えていませんでした。「自分がやっていることが大好きなのでストレスに感じていません」とお医者さんに反論すると「精神的に大丈夫でもストレスはストレスです。」と言われました。

 副肝皮質から分泌されるストレスホルモン、コルチゾールは本来「闘うか?逃げるか?」というピンチの時に私達を駆り立ててくれるものですが、慢性的・日常的なストレスでも分泌量が増えます。

 また、コルチゾールは睡眠不足でも多く分泌されます。つまり、私は知らず知らずのうちにカラダにストレスをかけていたというわけです。

ストレスがかかるとカラダはお腹に脂肪を蓄える

 コルチゾールが高い割合で長期的に分泌され続けるとカラダの脂肪がコルチゾール受容体の多いお腹に蓄えられます。結果お腹の脂肪がなかなかとれなくなるのです。「どおりで腕は引き締まっているのにお腹まわりがなかなか痩せないわけだ」と思わず納得してしまいました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエットライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ