• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

北海道で初雪のあと本州に夏日再来!?

2014年10月21日

週間予報は、最低・最高気温も要チェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 広く秋晴れに恵まれた週末、北海道では秋がグッと深まりました。

 10月18日は帯広から、19日には旭川から「カエデが紅葉した(帯広はオオモミジ・旭川はヤマモミジが観測対象)」という便りが届き、釧路では「10月10日に紅葉したイタヤカエデが落葉した」と発表がありました。

 都内ではカエデやイチョウが色づくのはまだまだ先ですが、北海道では色づいた葉が落ちて、早くも冬支度を始めているようです。

 10月19日の朝は冷え込みが強まったこともあり、釧路と札幌では「初霜」が観測され、札幌では同時に「初氷」も観測。初氷は網走でも観測されました。札幌や網走では平年より1週間前後早い便りです。

 そしていよいよ「初雪」の発表も近そうです。

 すでに山では雪が降っていて、9月16日には旭川から大雪山系旭岳の「初冠雪」を確認。甲府からの「富士山初冠雪」は、10月16日でした。

10月16日の「富士山初冠雪」は東京都心からも確認できた。

 これまで流れ込んできた寒気は、高い山だけに雪を降らせるレベルでしたが、21日夜から22日にかけては、北海道の平地にも雪を降らせるような強さです。このため、初雪の便りが届く可能性があるのです。

 雪には「ミゾレ(雨に雪が混じる)」も含まれるので、完全に雪でなくても、雪が混じっていれば初雪です。

図1 10月21日朝に発表された札幌の時系列予報
9月並みの高さだった21日朝から気温は右肩下がりの予想。22日未明に雪マークがついている。3時間降り続くものではなく、曇りや晴れの時間が長くても「雪」が予想されていると雪マークが優先される。(気象庁HPより)

 「初冠雪」も「初雪」も無人では観測できません。気象台の職員の方々が目視して初めて発表されるのです。現在、北海道で初雪を発表することができるのは、稚内・旭川・網走・札幌・帯広・釧路・室蘭・函館の8か所です。

 平年値が最も早いのは稚内の10月22日、最も遅いのは釧路の11月10日ですが、去年は、その釧路が帯広・旭川と並んで10月16日に初雪が降り「北海道に早い冬の到来」と話題になりました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ