• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最終回/保険と保障の「どっちがおトク?」

2014年10月9日

ボーナスが出るvs.出ない保険。ボーナスは「サービス」にあらず!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 保障を厚くしすぎて、「保険ビンボー」になっていませんか? 保険営業は教えてくれない、保険の真実。常にニュートラルな立場から、本当に必要な保障のみを考えたプランを提案し続けるファイナンシャルプランナー(CFP)の清水香さんが、働く女性が知っておきたい保険の知識をわかりやすく解説します。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 保険でいうボーナスとは、「生存見舞金」とか「お祝い金」といわれるもので、高齢者や女性向け医療保険などにセットされています。たとえば10年間の保険期間中に入院すると入院給付金が、入院しなければ10万円程度のボーナスがもらえる、といったもの。でも、おトクなわけではありません。ボーナスが出るとはいえ、これは「サービス」などではないからです。

 保険料は、確率に基づき計算されます。どのくらいの加入者が入院するかの確率から医療保険料が計算され、一方で入院しない確率からボーナスの保険料も計算されているのです。

 ボーナス付きの保険は、医療保障を受けるための保険料と、ボーナスをもらうための保険料の両方を払うことになるので、ボーナスなしより割高です。保険料を余分に支払い、それを後から自分でもらっているのがボーナス付き、というわけ。

 そもそも、入院しないことを前提に、割高な保険に入るのもおかしな話。医療保険の目的は入院時の備えのはずです。

 支払う保険料と受け取るボーナス、掛け捨て型を比較して、電卓を叩き冷静に検証をしましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
清水香
清水香(しみず・かおり)
ファイナンシャルプランナー(CFP)。生活設計塾クルー取締役。利用者目線での一般生活者向け相談業務のほか、執筆・講演など幅広く展開、TV出演も多数。財務省「地震保険制度に関するプロジェクトチーム」委員。著書に、「こんな時、あなたの保険はおりるのか?』(ダイヤモンド社)『本当に安心な「保険の選び方・見直し方」』(講談社)など。
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ