• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレンド

日本の未来はこれで安心!ゲームスクールコーナーにお邪魔しました【東京ゲームショウ 2014】

2014年9月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回の物販コーナーに続いて、今回お邪魔したのはゲームスクールコーナー。

ゲームスクールコーナーにお邪魔しました!
画像のクリックで拡大表示

 ここではゲーム・アニメの制作を学習できる数々の学校が出展し、将来ゲーム業界を賑わすであろう現役学生によって作られた多くの作品が紹介されています。

 私も現役大学生ということもあり、東京ゲームショウに行ったらぜひ観てみたい! と思っていたブース。

 今回私が紹介するのは、コーナーの最前で賑わいを見せていた、日本電子専門学校の作品『AIMRACING6(エイムレーシング6)』です。

日本電子専門学校のブース
画像のクリックで拡大表示
『AiMRACING6』これはやってみたい…!
画像のクリックで拡大表示

 なんと、パソコン上で遊ぶゲームのみならず、実際にカーチェイスが楽しめるレース形式のアトラクションゲーム! 学生とは思えない規模の大きさに見惚れていると、スタッフの方、担当の方が色々と教えてくださいました。

 担当の方によると、日本電子専門学校では、専門学校の中でも珍しく3年間じっくりゲーム制作に取り組める学科があるそう。そのため、他よりもより濃いゲーム制作/ゲーム研究が出来るらしく、この『AiMRACING6』も学科の中で代々受け継がれ改良されている作品であり、今年で6代目ということからこの名が付けられたそうです。

 学校全体であったり、部活ごとであったり…代々受け継がれているもの、と聞くとなんだかじーんと来てしまいますね。

『AiMRACING6』を楽しむ来場者の方々
画像のクリックで拡大表示

 加えてなんと福岡ゲームコンテストでは、2年連続プログラミング優秀賞を受賞!

 「学生でも凄いものがつくれる!」これがブース全体のコンセプトだそう。ブース内にはほかにも、ソニーと提携して作られたソフトなど魅力的なものばかりで、私たちの手元に届く日も遠くないのではないでしょうか。

 ゲーム・アニメ大国と言われる日本ですが、この業界は未来も安定な気がします。

 最後に、恒例の無茶振りをお願いし、実際に在学生の方にメッセージをいただきました。担当の方、在学生の方々、突然の不審な取材であったにもかかわらず、ご丁寧に答えていただきまして本当にありがとうございました。

メッセージをいただきました!

文・写真/安部美乃里

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ