• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレンド

話題の『バーチャルマネキン』を発見!【東京ゲームショウ 2014】

2014年9月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 魅力的なコンパニオンのみなさん、そして可愛いキャラ絵の看板など、二次元、三次元を問わず、東京ゲームショウ 2014の会場には、さまざまな女の子が来場者を待っている。

 そんな中でも、エムツーブースの前に設置された、等身大の透過スクリーンに描かれた女の子は、多くの来場者の目を奪っていた。彼女はなめらかに動き、にこやかにしゃべり続けていたからだ。これこそが、いま話題の『バーチャルマルキン』である。

 驚くべきは、そこに大々的な設備が存在しないこと。高さ174センチの『バーチャルマネキン』本体の背後に必要なのは、わずか30センチのすき間のみ。それだけでプロジェクターから女の子の映像が照射され、通常とそん色のない表示が可能なのだ。これがサイバネットシステムの『バーチャルマネキン』の最大の特徴である。

 描かれていた女の子は、エムツーの『E-mote』という技術によって作られている。これは、きわめて低価格で、なめらかに動くキャラクターを製作し、制御する技術のこと。3DCGモデルなどを作ることなく、各パーツごとにレイヤーを分けたPSDファイルを作り、読み込むだけでそのキャラクターはなめらかに動き出す。

エムツーブースの前に立っていた看板娘『バーチャルマネキン』。等身大の透過スクリーンに描かれたキャラクターが、にこやかに来場者を出迎えてくれる

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ