• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレンド

あの“オキュラス”が日本初出展、ブースには人、人、人【東京ゲームショウ 2014】

2014年9月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 VR(仮想現実)ゲーム業界では知らぬものはいない米Oculus VR社のヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Rift(オキュラスリフト)」。東京ゲームショウ 2014では、同社が展示ブースを構えている。

 実は同社が日本の展示会に出展するのは今回が初めて。従来は、Oculus Riftを購入した開発者が展示会やイベントに出展していただけだった。Oculus VR社のブースには、Oculus Riftを体験しようという参加者がどっと押し寄せ、東京ゲームショウ開幕(18日、午前10時)からわずか十数分で、Oculus VR社のブースには行列ができた。待ち時間にして、「約30~40分」(説明員)の列である。

 ブースでは2種類のVRコンテンツを体験できる。1つは、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの公式キャラクター「ユニティちゃん」のVRライブコンテンツで、ライブ会場に来ているかのような体験を得られる。

 もう1つは、アイスランドCCP Games社が手がけたシューティングゲーム『EVE: VALKYRIE』。戦闘機に搭乗しながら戦うもの。頭を動かすだけで、コクピットから見える映像が切り替わるので、臨場感がある。

 ビジネスデイでも行列ができるOculus VR社のブース。週末の一般公開日では、さらに長い列ができそうだ。

Oculus VR社のブースにはたちまち行列が。ブースの場所は6-N3
「ユニティちゃん」のVRライブコンテンツの映像
シューティングゲーム『EVE: VALKYRIE』の映像

※日経トレンディネットより転載

文・写真/根津 禎=日経エレクトロニクス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ