• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

家族のためにイクメンを選ぶフランス男性

2014年10月15日

妻のキャリアのためなら、家事も! 子育ても! 転職も! いとわない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

編集者S:今日は、前回の続きでしたよね。「リケジョママ」サンドリーヌさんのご主人! 妻の仕事に理解があり、家事も育児も主体的にかかわってくれるなんて、どんなフランス男性なのか、興味津々!

筆者:そうでしょう! 実は私、フランスの教育の取材をしていたときに、訪問先の学校でご主人の方と先に知り合ったの。名前はティエリーさん。もう、5年ほど前のことになるんだけれど、私がそれまでに出会ったフランス男性とは、ちょっとタイプが違ったのよね。

編集者S:タイプが違うって、どう違うのですか?

筆者:これは、あくまでも個別の話として聞いて欲しいんだけれど(笑)。それまで出会ったフランス男性の多くは、取材をお願いしても、約束の時間は守らないし、自分のペースで物事を進めるし、公私混同するし、自分が気に入らないと機嫌が悪くなって協力してくれないし、インタビューをしていても自分の話したいことを延々と話すし……。ランチタイムには、取材に戻る時間よりデザートを食べる方を優先するし……。

編集者S:デザート優先なんて、さすがフランス人といえばフランス人だけど。日本人の常識では考えられないですね。

筆者:そうでしょう? 最初のうちは、そういう人たちにどれだけ泣かされ、ケンカをしたことか(涙)。前日に「約束は朝9時だからな! 寝坊するなよ」と言われて、9時からずっと待っていたのに、本人が現れたのは11時なんてこともあったわ。

編集者S:いくらこちらがお願いした取材とはいえ、2時間も待ちぼうけなんて、考えられない!!!

筆者:もちろん、極端な話だし、個別の事例だから、それが全てという訳じゃないわよ。でも、その一方で、相手と分かり合えて、一度信頼関係を結べると、そこからはトントン拍子に物事が運ぶ。そんな風に約束を破るようなヤツでも、分かり合えるといいところがあったりするのよ。

編集者S:憎めないヤツってことですか(苦笑)。いわゆる「だめんず」!?

 でも、見た目がカッコいいフランス男子だったら、私、ハマッちゃうかも~(笑)。

筆者:危なっかしいわね(苦笑)。それはさておき、このティエリーさんは、時間は守るし(早めに来る)、とても親切で紳士な方なのよ。夫としては100点どころか、120点満点ってところかしら。

編集者S:はいはい、わかりました。また、うらやましい話ですね(投げやり状態……)。

筆者:それはそうだけど、毎日を幸せに、仕事も家族も円満に暮らすヒントもあるから、ちょっと話を聞いてね。

   ◇   

価値観が同じで人生を分かち合えると直感した

ティエリー・トネールさん(42歳)。サンドリーヌ・トネールさんのご主人だ。自慢のキッチンで腕をふるう。

 ティエリー・トネール(Thierry TONNERRE)さん(42歳)は、スイスとの国境、アルプス山脈の北側にあたるジュラ山脈のふもとで生まれた(地質学でいうジュラ紀の名の由来となった、アンモナイトなどの化石がたくさん出土したところ)。パリからジュラまではTGV(フランスの新幹線)で2時間半程度の距離である。家族は、両親と祖父母、弟の3世代6人。母親は農業を営み、父親はプラスチック工場で働いていた。

 「自分で言うのはちょっと恥ずかしいですが、おとなしい子どもでした。母親の農作業の手伝いをしたり、祖父母が庭いじりをしているのを一緒にやってみたり。土に触れるのが好きだったんですね。だから、今でも庭を作ったり、家庭菜園をしてみたり、料理を作ったり、ということを日常生活の一部としてできるのかもしれません」

 「スポーツはサッカーを少しやった程度。でも、勉強はよくしていたと思います」

 高校までは実家で過ごし、バカロレア(BAC高校卒業資格検定試験)は一番難易度の高いサイエンスを受験して合格。地元フランシュコンテ大学に付属する技術短期大学(IUT=Instituts Universitaiers de Technologie)で化学を学んだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
増田ユリヤ
増田ユリヤ
ジャーナリスト 1964年、神奈川県生まれ。高校の日本史や世界史、現代社会の講師をしながら、NHKテレビ・ラジオのリポーターを務める。日本テレビ「世界一受けたい授業」にも出演。日本と世界の教育現場の取材を積み重ね、フィンランドやフランスでの取材を続けるうちにフランス人の知人が増え、フランス女性の生き方を取材するようになった。大の犬好きで犬に関する著作もある。主な著書に『新しい「教育格差」』(講談社現代新書)、『教育立国フィンランド流 教師の育て方』、『移民社会フランスで生きる子どもたち』『突破する教育』(いずれも岩波書店)ほか多数。
関連キーワードから記事を探す
暮らし方恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ