• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2度の別れを乗り越えて働くシングル母

2014年10月1日

人生最高の宝物は子ども、そして友だち

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

筆者:ねぇ、シングルマザーっていうと、どんなイメージを持っている?

編集者S:うーん、そうですね……。「働きながら子育ても1人で頑張るカッコイイ女性」っていますよね。そういう姿には漠然とした憧れみたいなものもあります。「自分の人生、自分で切り拓いていく」みたいな。ただ、現実には夫と一緒でも出産・子育ては大変! 仕事との両立も難しい。それなのにシングルマザーで稼いで子育てして……なんて私のキャパではムリかもって思います。

筆者:そうかもね。離婚するカップルが増えているとはいえ、今の日本社会のシステムや子どもを取り巻く環境を考えると、容易なことではないわよね。まして結婚しないで子どもを産むことには、社会的な抵抗感もまだまだあるし、婚外子に対する税制上の不備や社会保障の問題もある。フランスでは、結婚制度と出産・育児を切り離して考えることができるから日本とは単純に比較できないけれど。

 じゃあ、結婚についてはどう? やっぱり結婚したい?

編集者S:そりゃ、できることなら今すぐにでもしたい! というのが、私のみならず、多くの独身女性の本音なんじゃないかしら。できれば自分が「この人だ!」と思えるステキな男性と。そして、子どもも産んで、仕事も続けて、家事も育児も分担で……。なーんて、私、欲ばりかしら???

筆者:そんなことないと思うわ。

 じゃあ、万が一、結婚相手とうまくいかなくなったらどうする?

編集者S:えーっ、まだ1度も結婚してないんですから、そんなこと言わないでくださいよぉ(苦笑)。その時の事情によると思いますけれど、子どもがいたら離婚なんてそう簡単にはできないんじゃないかな。でも、一緒にいたくない人と毎日顔を合わせるのはつらいでしょうね。もちろん、たった1人の「運命の人!」と添い遂げられたら幸せなんだろうなーって、想像ばかりたくましくなっていきますけれど(笑)。

筆者:そうよね。でも、大好きな人とだって別れなければならないこともある。今日の女性もね、そうだったの。フランステレコムで管理職をしている、ヴァレリー・レイさん(Valelie Ray)(50歳)。大学院生(24歳)・高校生(18歳)・中学生(17歳)、3人の息子のママなのよ。

ヴァレリー・レイさん(50歳)。フランステレコムで管理職をしている。

   ◇   

最初の結婚は25歳 「クリスマスケーキの時代」だった

 フランス中部の工業都市サンチエンヌ。ここの小さな町でヴァレリーさんは生まれた。両親と2人の兄弟というごく普通の家庭に育ったという。そんな彼女が子どもの頃に抱いた夢は2つ。

 「1つ目の夢は、11歳か12歳ぐらいだったと思うけれど、笑われちゃうかも……マザー・テレサみたいになりたかったの! 女性として、人間として、素晴らしい人でしょう?」

 照れくさそうにそう話すヴァレリーさん。やわらかな笑顔がとってもチャーミングな女性だ。

 2つ目の夢は、高校に入学した頃のこと。デッサンが大好きで、アーティストとして生きていきたい、と真剣に悩んだ。これはヴァレリーさんの人生の中でも後々まで影響を与える「すごく大きな夢」だったそうだ。

 「でも、父親に猛反対されたんです。『芸術家なんて才能のある人間にしかできないこと。お前には無理だ』と。そう言われてしまうと反論の余地もなくて。結局、文学バカロレア(BAC)を選択して高校を卒業。地元の大学で3年間、英文学を学びました」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
増田ユリヤ
増田ユリヤ
ジャーナリスト 1964年、神奈川県生まれ。高校の日本史や世界史、現代社会の講師をしながら、NHKテレビ・ラジオのリポーターを務める。日本テレビ「世界一受けたい授業」にも出演。日本と世界の教育現場の取材を積み重ね、フィンランドやフランスでの取材を続けるうちにフランス人の知人が増え、フランス女性の生き方を取材するようになった。大の犬好きで犬に関する著作もある。主な著書に『新しい「教育格差」』(講談社現代新書)、『教育立国フィンランド流 教師の育て方』、『移民社会フランスで生きる子どもたち』『突破する教育』(いずれも岩波書店)ほか多数。
関連キーワードから記事を探す
暮らし方恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ