• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

自家製果物ブランデー「フルブラ」が人気!

2014年9月18日

一日漬けるだけでおいしく飲めて、美容にもいいと女性にブーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 お酒が好きな女性たちにとっても、ビールやワインに比べて手を出しづらいのが「ブランデー」だ。アルコール度数は高いし、何を選んでいいかもわからない、という方が多いのではないだろうか。

 今回ご紹介するのはそのブランデーに果物を漬け込んだフルーツブランデー、略して「フルブラ」! ブランデーに果物の甘みと香りをつけて飲みやすくしたもので、手軽に作れるうえ、果物に含まれるビタミンCなどが美容にもいいということで、今人気を集めている。

今回編集部で漬け込んだフルブラ。ブランデーに好みの果物をたった一晩漬け込むだけで飲み頃になるというから簡単~。

 そもそもブランデーは果実酒から作った蒸留酒。ビールやワイン、チューハイといった女子定番のお酒に比べてカロリーが低く、しかも美白効果のあるポリフェノールが含まれているともいわれている。果物を漬け込めば飲みやすくなるだけでなく、果物自体のビタミンCや食物繊維も摂れるというのがうれしい!

 というわけで、簡単な作り方をご紹介。まず用意するものは、手頃な大きさの密閉できる瓶。そしてブランデーと果物だ。ブランデーは、入手しやすいお手頃なものでOK。果物は柑橘系やリンゴ、バナナなど好みのものを用意しておく。

【フルブラの作り方】
1.果物と密閉瓶はキレイに洗っておく。
2.果物をカットし、ブランデーを注ぎ入れる。以上!

柑橘系は漬け込んでいるうちに白い皮から苦味が出るので、白い皮の部分までカットしてからスライスするといい。

 漬け込み始めて24時間後から飲めて、5日間くらいはおいしくいただける。ブランデー自体は度数がだいたい35度から50度と高いので、ロックでちびちび飲むのもよし、水や炭酸水などお好みのもので割るのもよし、なのだ。

 果物は、なんでも好みのものを使えばいい。それに、スパイスやハーブを好みで加えると、また一層香りがよくなる。簡単なレシピを2つご紹介。

【りんごとジンジャーのフルブラ】


作り方
りんご1個、生姜スライス3枚、シナモンスティック1本、クローブ3つを、ブランデー400~500mlで漬け込んだ、りんごのフルブラ。

 りんごに合う生姜やシナモン、クローブを加えることで、スイーツのような芳醇な香りに! 生姜のおかげで体もホカホカ。

【梨とミントのフルグラ】


作り方
梨(幸水)1個、レモン1個、ミント適量をブランデー400~500mlで漬け込んだもの。ミントは生のものを一掴み加えた。

 梨が甘いので、レモンの酸味と、ミントの爽快さをプラス。瓶を開けたときからスッキリした香り。炭酸で割るとスッキリとした飲み心地に。

 ほかにも、桃、ゆず、パイナップル、バナナ、キウイ、レモン、いちご、いちじく…など好きなもので試すといい。ミントやレモングラスといったハーブ、ドライマンゴーなどのドライフルーツなどを入れるのもアリ。そのときの気分や、季節のフルーツで自分なりの組み合わせを考えるのも楽しい。

 続いては、いろんなフルブラの活用レシピ!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ