• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最小限の道具でいろんなメイクを楽しむ方法

2014年9月11日

アイシャドウパレットの使い回しで脱マンネリマイク!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 このコラムでは、『Oggi』『CanCam』『GINGER』『Domani』『美的』『VERY』『mina』『MORE』『Ray』など数々の女性ファッション誌でヘアメイクを担当する神戸春美さんに、メイクの基本や応用テクニック、超カンタンにできるヘアアレンジ法などを教えてもらいます♪

 こんにちは。秋は過ごしやすい気候になる上、連休もあるので、旅行の計画を立てている人も多いのでは? 荷物はなるべく少なくしたいけれど、旅先での予定に合わせてメイクはチェンジしたいもの。そこで今回は、アイシャドウパレットの使い回し方をレクチャーします。パレットの同じ色しか使わず、メイクがマンネリ…という人も、ぜひ参考にしてくださいね!

同じアイシャドウパレットでこんなに変わる!!

1.海へ行く時は
ラインのように効かせたブルーが日差しに映える!
2.ショッピングへGO!
トレンドのスモーキーな目元がオシャレ度満点
3.夜、おめかししてレストランへ
まぶたにプラスしたきらめきが女子力をアップ!

★予定に合わせてメイクもチェンジ!旅先メイクのポイントは…
○4~5色入りのアイシャドウパレットを持っていくこと
○パレットの色は洋服や水着と合わせると失敗なし!
○メイクに合わせて、アイラインの入れ方も変えるべし!

 午前中は海へ、午後はモールでショッピング、そして夜は夜景の見えるレストランへ。そんな過ごし方ができるのが旅行の醍醐味。シーンに合わせて、ファッションだけでなくメイクもチェンジすると、より非日常感が味わえます。

 そんな旅先メイクに欠かせないのが、アイシャドウの多色パレットです。おすすめは4~5色、ハイライトカラーから締め色まで入ったパレット。このパレットを使い回せば、シーン別に何パターンものメイクをすることができますよ。色選びに迷ったら、旅行に持っていく服や水着と同系色のパレットにすれば、失敗がありません。

 「多色パレットを持っているけれど、いつも同じ色しか使わない」という声をよく聞きますが、もったいない! 中間色のキレイな色をライン状に効かせたり、上下で締め色を変えてみたり…パレットについている使い方にとらわれず、自由に色を組み合わせれば何通りものメイクができますよ。

 今回はチークとリップは3パターンとも同じものを使用しました。アイシャドウの塗り方とアイラインの引き方だけで、こんなに印象が変わります。旅先はもちろん、毎日のメイクのマンネリ打破にも効果的です!

モデルのメイクに使用したアイシャドウはこれ!
ヴィセ リシェ スモーキーリッチ アイズ(BL-8) 締め色が2色入って、ナチュラルメイクもモードメイクも楽しめる。1400円(税抜き、編集部調べ)/コーセーFREE0120-526-311
http://www.visee.jp/

1の<海>メイクはこう塗る!

3のブルーをチップに取り、上まぶたの目尻のみにライン状に入れる。下まぶた中央のインサイド(粘膜部分)にも、3をチップの先端を使って細く入れる。うつむいたときに下まぶたのブルーがのぞき、印象的な瞳に仕上がる。アイラインは目頭から目尻まで、まつ毛の間を埋めるように描く。

2の<ショッピング>メイクはこう塗る!

2の淡いブルーをブラシでアイホール全体に広げる。上まぶたのキワに5をチップでラインのように入れる。下まぶたの目頭から目尻には4をチップで細く入れる。アイラインは上まぶたのインサイド部分のみに入れる。

3の<ディナー>メイクはこう塗る!

1のハイライトカラーを指に取り、まぶたの中央のみにのせる。こうするとまぶたに光が集まり、立体的な目元に見える。二重幅に沿って4をチップで入れる。下まぶたは2をチップの先端に取り、目頭から中央まで細く入れる。アイラインは目尻をやや長めに描き、スッとはね上げる。

文/石河美穂子、撮影/鈴木希代江、モデル/和希優美

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
神戸春美
神戸春美
サロンワークを経て、ヘア&メイクアップアーティスト森ユキオさんに師事。 2005年独立。『Oggi』『Anecan』『BAILA』など多数の女性誌で活躍している。ほどよくトレンドを取り入れた女性らしいヘア&メイクに定評がある。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ