今回は、第一印象を大きく決める“目力”を鍛える方法についてお話しします。

【お悩み】印象的な目を作る方法を知りたい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 目が一重で小さいのがコンプレックスの私。目が大きくて、華やかな顔立ちの友だちを見ると羨ましくなります。
 つけま、整形などの人工的な方法を使わずに、印象的な目を作る方法を教えてください。(祥子・32歳・公務員)

メソッドその3●
瞳を輝かせるには、相手へ興味や関心をもつことが一番

 まず前提として相手に対して、興味や関心を持ちましょう。

 興味や関心のある対象に対して「目が輝く」という表現がありますが、実はこれはただのもののたとえではなく、物理的にそういう状態になっているんです。

 人は小さな動物や子どもなどを見て「かわいい、もっと見たい!」と思うと、瞳孔が開くんですね。つまり黒目が大きくなる。すると、瞳により多くの光が取り込まれ、それが瞳の奥で反射します。

 「目が輝く」と表現される状態のときには、こんなことが起きているんです。実際に輝いているわけですね。

 ですから、瞳を大きく輝かせるには、相手に興味や関心を持つことが第一なんです。相手も自分に対して目をキラキラさせている人に悪い気なんてしませんからね。

 ただし瞳孔が開いていても、目が開いていなければ、どよーんとした印象しか与えません。

 そこで目をパッチリ開くためのエクササイズをご紹介しましょう。

【目力アップ眼輪筋トレーニング】

(1)ストレッチ
 あたたかいおしぼりを目のまわりに当て、周辺の筋肉の血行を促します。おしぼりがなければ、手のひらに「ハ~」と息を吹きかけてあたため、当てましょう。

(2)オープン・クローズ
 ギュッと目をつぶり、パッと見開く運動。2秒ずつ、10回繰り返します。次に1秒ずつにして10回。最後は超高速でまばたきを30回。

 ここで目のまわりが痛いかたは、目力がかなり弱っていますよ。

 よく「化粧崩れが気になる」「変な顔になるのが嫌」と中途半端にやるかたがいますが、それではNG。顔全体を使って、思いきり閉じたり開いたりすること。目だけでなく、鼻の穴、口と、穴すべてをパーンと開きましょう。

(3)アラウンド・ザ・ワールド
 眼球をまわす運動。最初は上、そのあと右・下・左とまわします。各箇所で2秒ずつ止めながら、3周まわします。次に反対まわし(左まわし)。

 さらに各箇所で止めずにグルンと3周させます。これも反対まわしをします。

 苦手な人は顔全体が動いてしまいますが、目だけを動かすようにしてください。

(4)ウインク
 ひたすらウインクをします。ウインクの苦手なかたは開いたり閉じたりでOKです。

(5)リフトアップ
 両まぶたを指で押し上げ、それに逆らうように目をつぶります。まゆ毛の周辺にある筋肉も意識すると、さらに効果的です。10回が目安。最初は目が閉じきれず苦しくなることもありますが、続けていくとしっかりと閉じられるようになりますよ。

 その後、ゆっくりと目を閉じてクールダウンして終了です。