こんにちは。お見合いおじさんこと婚活応援ライターの大宮です。先月のTBS特番『6人の村人!全員集合』は観ましたか? 苗字に村が付く男性お笑い芸人6人が集まって1泊2日の旅をする、という内容でした。

 浴衣を着て飲みながらの話題は「恋愛と結婚」。中高年の男性も普通に恋バナをする時代なんですね。結婚していない3人(志村けん、岡村隆史、日村勇紀)が、既婚者の3人(内村光良、三村マサカズ、田村淳)に「結婚生活は楽しいのか?」みたいな質問をしている光景が微笑ましかったです。

 気になったのは、結婚願望はある岡村隆史と志村けんが「一人で気ままに暮らしている家に他人がずっといる生活は考えられない」と不安を口にしていたこと。30代以上の独身男性視聴者は「わかるなあ」と共感を覚えたのではないでしょうか。

 個人的にも思い当たることがいくつもあります。20年以上も独身一人暮らしをした末に30代後半で結婚した知人男性が、「新婚当初の数週間は共同生活にあまりにも慣れなくて嘔吐を繰り返していた」と打ち明けたことがありました。奥さんのことは好きでも、体が「他者」を受け付けなかったのでしょう。拒絶反応を起こしてしまったようです。その後、彼は奥さんとの間に一人娘をもうけ、穏やかな家庭生活を営んでいます。人間は慣れるものですね。

 結婚前に数年間は一人暮らしを経験しておくべきだ、というのが僕の持論です。家事を覚えることは家庭生活に大いに役立ちますし、ひと肌恋しくなることで恋愛や結婚への勢いが増すからです。しかし、一人暮らしが長くなるとその生活が当たり前になり、他者と一緒に住むことに違和感を覚えるようになるのかもしれません。一長一短だな……。

 というわけで、今回はともに実家暮らしの二人を引き合わせることにしました。東京在住の税理士坂井信次さん(仮名、45歳)と前回のお見合いは失敗に終わった愛知在住のシステムエンジニア伊藤花絵さん(仮名、34歳)です。

 坂井さんの好みは「家庭的な38歳以下の女性」。「家庭的」というあたりがちょっとひっかかるところですが、前向きな伊藤さんならば何とかなりそうな気がします。一方の伊藤さんの好みは「身長は170センチ以上で謙虚さと自信がある人。年齢は40代半ばまで」。坂井さんの恋愛への「自信のなさ」が心配ですが、他は問題なさそうです。この組み合わせ、やってみましょう。