• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ほうれい線、大丈夫?“老け顔”度チェック

2014年9月2日

「ほうれい線・たるみ・シミ・毛穴は消せる!」~日経ヘルス10月号

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 9月になりました。お肌の調子はいかがですか?

 気を付けているつもりでも、夏の間には、知らず知らずに浴びた紫外線の影響がたまっています。なんとなく調子が悪い“お疲れ肌”になっていませんか。

 9月は、その“お疲れ肌”を解消して、さらに肌の調子を整える絶好の時期。このお手入れが、肌の大きな分かれ目です。

 肌の調子は、顔の印象に直結します。「老け顔サイン」が気になっていませんか?

 「日経ヘルス」のアンケートで、「顔にどんなサインがあると、老けて見えると思いますか」を尋ねたところ、1位は圧倒的に「ほうれい線」(75.0%)。続いて、「シワ」(66.8%)、「シミ」(65.3%)、「ほおが垂れている(フェイスラインのたるみ)」(51.5%)でした。

 一方、自分で「最近、顔が老けた」と感じている人は91.3%にのぼり、そのサインは「ほうれい線」(45.3%)、「肌のハリ・弾力がない」(43.6%)、「シミ」(42.5%)、「毛穴」(38.5%)、「目の下のクマ」(37.4%)の順でした。

 ではまず、そうした「老けサイン」が出やすい状態になっていないか、「老け顔」危険度をチェックしましょう。

■■■あなたの「老け顔」危険度チェック

無表情で過ごすことが多い
スマホを触るとき、険しい顔になる
あごが小さい
むくみやすい
目が大きい
よく目をこする
冷えやすい
肌が乾燥している
肌がごわごわする
血行が悪い
皮脂が多い

 ひとつでも当てはまったら、「老けサイン」が出ているかも。今月の「日経ヘルス」で対策を!

ほうれい線は消せます!1週間でマイナス5mmのモニターも

 自分の顔でも人の顔でも、気になっている人が圧倒的に多い「ほうれい線」。これは、意外と簡単に消すことができるんです。

 「ほうれい線」は「たるみ」が原因。たるみは、筋肉の衰えから生じます。これを鍛えるといいんです。「驚くほど若返る顔ヨガ」で、1回10秒・1週間で効果が出るやりかたをご紹介しています。実際、試した読者モニターの方で、たった1週間で5mmほうれい線が短くなったケースも!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
中野恵子
中野恵子
日経ヘルス編集長
富山県生まれ。東京大学薬学部を卒業後、日経BP社入社。「日経メディカル」「日経レストラン」「日経ヘルス」編集部、「日経ウーマンオンライン」編集長を経て現職。「日経レストラン」時代には、1年間プロ料理人養成の専門学校「エコール辻」(国立校)に通って卒業した経歴も。
関連キーワードから記事を探す
スキンケアカラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ