• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

国際恋愛の良い点&大変な点

2014年8月29日

「ストレートに表現する外国人」と「“思い”を察する日本人」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。コラムニストのひかりです。みなさんは外国人と付き合ったことはありますか? 国際恋愛をしている人たちは、どんなところに良さや大変さを感じているのでしょうか?

■国際恋愛経験者は意外と少ない

 女性を対象に、「外国人と付き合ったことはあるか?」に関するアンケートを実施したところ、「はい」と答えた人は15.8%と、意外と少ない結果でした。また、「どこの国の人と付き合ったのか」の結果では、一番多かったのはアメリカ人で30%、次に続いたのが中国人で13%でした。

 「国際恋愛の良い点と大変な点」については、下記のような回答がありました。

●国際恋愛の良い点
・考え方や価値観の違いがあり、たくさん学べる。(恋人:カナダ人)

・お互いに理解できないことがあっても、それをしょうがないと思える。(恋人:韓国人)

・恋人がストレートに物を言うので、気持ちが分かる。(恋人:フランス人)

・恋人に意見をハッキリ言っても嫌がられないところと、恋人の愛情表現がストレートなところが良い。(恋人:アメリカ人)
など。
●国際恋愛の大変な点
・日本人にとって当たり前の感覚でも説明が必要で、理解されないこともある。(恋人:アメリカ人)

・細かいニュアンスや難しい表現が通じない。(恋人:中国人)

・言葉が通じないときがある。(恋人:タイ人)

・“察する”というコミュニケーションをしないので、時々デリカシーがない。(恋人:フランス人)
など。

 実は、国際恋愛の良い点と大変な点には、ある“共通のこと”が含まれているんですよね。

■日本式コミュニケーションは、「察する」

 外国人とのコミュニケーションでは、「お互いにハッキリ物を言い合えるから、意思疎通がしやすくていい」という意見がある反面、「察することができない相手にイライラする」といった回答が見られました。 つまり、ここでは日本の“察する”コミュニケーションの良い点と悪い点が表れているんですよね。

 日本人同士であっても、察するだけでは分かり合えないところがあるから、外国人がストレートな表現をしてくれると嬉しく思ったり、逆に言葉を使わないで察してほしいときでも、外国人にはハッキリ言わなくては伝わらないから、「どうして分かってくれないの?」と苛立ちを感じたり……。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ひかり
ひかり
コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジのコラム連載をきっかけにコラムニストに。フリー記者としても著名人インタビュー、グルメなどを取材(本名で活動)。近著に『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)。ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」は40万PV/月を獲得している。ネット番組:「ホンネのOL“婚活”日記TV」/メルマガ:「ホンネのOL“婚活”日記 番外編」
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ