• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

投信が値下がり、損切りの目安は?

2014年8月19日

投信を手放す3つの目安。執着しすぎは、さらなる損失を招くことも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経ウーマンオンライン読者から寄せられたマネーの悩みにお答えする特別編。今回は、保有している投信の損切りの目安についてお答えします。

E子さんプロフィール

37歳、新潟県在住の会社員。未婚。親と同居しているため、家賃や食事代は不要。車のガソリン代は自分持ち。節約意識はあるが、「衝動買いがやめられず、ついコンビニなどで必要でない物を買ってしまいます」

<DATA>
手取り月収
手取り年収
貯蓄額
15万円
200万円
500万円
 
<1か月の支出金額>
家賃
食費
水道光熱費
ネット代
携帯電話料金
服飾費
美容費
交際費
新聞・図書費
0円
0円
0円
1200円
9000円
5000円
5000円
3000円
5000円
  スキルアップ費
日用雑貨費
医療費
旅費・レジャー費
貯蓄
投資
保険(共済掛金)
住宅以外のローン
クルマ維持費
0円
5000円
0円
0円
5万円
1万円
1万円
0円
8000円

●お悩み
「給与の手取りが少ないので、なかなか貯金が増えません。今所有の投信はだんだん値下がりしてきているので、手放したほうがいいのかどうか迷っています。」


 「保有している投信が値下がりしているので手放すべきか」ということですが、これまでに同じような相談を受けたことが何度もあります。損切りするほうがよいかどうかは次の3つの視点で考えてみるとよいでしょう。

 1つ目は、現在保有している投信を今買いたいかどうかを考えてみてください。もし、今はもう買いたくないと感じているのならその投信に魅力を感じていないということです。

 2つ目は、投信が今後値上がりする見込みがあるかどうかです。将来を予測することはむずかしいですが、保有している投信の将来性が期待できないようでしたらこれ以上保有していても意味がないかもしれません。

 3つ目は、その投信を保有していることで精神的なストレスがあるかどうかということ。投信の値下がりのことを考えると夜も眠れないことがあるというのなら相当なストレスになっていると言えます。

 上記の3つの視点で考えてみて、もしも3つとも当てはまるようならできるだけ早めに損切りを検討するほうがよいかもしれません。1つ、2つの場合も手放すべきかをじっくり考えてみてもよいでしょう。

 よくあるのが損失を取り戻したいという相談です。ですが、損失を取り戻そうと長く保有していることで更に値下がりしてしまうケースも。損が出ることを承知して証券を売却して損失を確定させることを損切りと言いますが、損失をこれ以上広げないためにも損切りが必要な場合があります。

 投信などの投資だけではなく、勉強などの自己投資や趣味などのシーンでも損切りの概念は有効です。「元手を取り戻したい」という気持ちがかえって大きな損失を招いてしまうこともありますので注意をしましょう。

貯金を殖やすには、まず貯蓄にまわす元本を増やして

 貯金のかしこい殖やし方に関しては、まずは貯蓄にまわす元本を増やすことを考えてみてください。コンビニに行って必要のない物まで買ってしまうということですが、1日500円だとしても30日で1万5000円になります。

 次に利回りを考えましょう。預貯金や国債のような安全資産の場合は元本の安全性は高い反面、利回りは低いです。反対に株式の場合は期待される利回りは高いですが、元本割れのリスクがあります。株と債券に資産を分散させながらリスクを低減させる工夫をしながら少しでも高い利回りをめざしましょう。最初は2%、3%の利回りでも十分でしょう。

 相談者の方は貯金に月5万円、投資に月1万円を配分していますので十分な割合を将来の貯蓄にまわしていると思います。強いて言えば携帯電話代をもう少し絞れるかもしれませんが、それ以外に関しては節約もしっかりできています。保有している投信を見直して、精神的な不安も軽減できるとよいですね。


花輪陽子さんの最新刊

『神さまを引き寄せる お金の本』(永岡書店)

花輪陽子(監修)、久保田裕道(監修)

 給料日前の赤字は当たり前、なぜかいつもお金がないと悩む人は必見。日本にやどる八百万の神さまのパワーを借りて金運をアップさせるお金術を一挙公開します。

 本書は20万部を超えるベストセラー『神さまがやどる お掃除の本』の第2弾。日本で古くから信仰されている「金運を運ぶ八百万神たち」や、「全国各地の金運アップ神社」の紹介、またお金を浄化してどんどん増やす「神さまお金術」の理論を解説します。お金をただ浪費していた無駄遣いの日々から決別するための秘訣が満載です。

 またカリスマファイナンシャルプランナーとして絶大な人気を誇る花輪陽子先生が、お金に困らないための具体的なノウハウを伝授。日々の生活費から、増税対策、プチ副業まで、一生使えるお金の具体的な知識を紹介します。どんなにお金オンチでも、どんなに増税・不況の波が襲ってもお金を賢く操れるようになる1冊です。

Amazonで購入する
楽天ブックスで購入する


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ