• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「日経ヘルス」記者が試して納得

ダイエットに効くアーモンド料理

2014年8月12日

1日25粒でウマウマなのにやせる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「日経ヘルス」2014年9月号は、総力特集のテーマが「水の飲み方」。おいしそうなドリンクメニューが並んでいるが、このコラムで試食するならやっぱり料理だよなぁ。そうなると、連載「人気料理家に教わるカラダ想いの簡単レシピ」の小林まさみさんのレシピか、「旬の食材ヘルシーレシピ」の2択だ。

 「旬の食材ヘルシーレシピ」のテーマはアーモンド。アーモンドって丸ごとサラダに入れたり、ちょっと刻んであえたりするぐらいでしょ? 「こりゃ、アーモンドってことはないだろうな」とタカをくくっていたら、メルマガ担当の編集Hから「天の声」が降ってきた。

 「いや、ぜひここはアーモンドでよろしく! だってぽてちさん、『1日25粒食べるだけで半年で3.4kgもやせた』って研究データがあるんですよ。30人が試して、その“平均値”ですから、もっとやせた人もいるんです!」。えー、でもアーモンドに全然興味ないし。うちはフードプロセッサーとかないから、面倒くさそうなんですけど。

 「いやいや、『アーモンドとイカのレモン塩あえ』とか『スパイスアーモンド』は超簡単。『アーモンドとシソのジェノベーゼ風パスタ』は超おいしいんですよ。このパスタはね、あえてバジルじゃなくて青シソを使ったんです。バジルよりシソのほうが安いから。そうしたら、試食した人みんな、『おいしいよね!』って、大絶賛でしたよ!」と、いつもよりテンション高めに熱弁する。

 う~ん、さすがメルマガ担当の編集H、どのボタンを押せば私が動くか正確に把握している。安い、うまいとくればねー。

 というわけで、パスタは確定。もう1品は「イカ+アーモンド+セロリ」の相性が全然想像できない「アーモンドとイカのレモン塩あえ」を作ってみることにした。

【アーモンドとイカのレモン塩あえ】

 丸ごとのアーモンド、刺身用のイカ、セロリ、レモンを食べやすいように切っておき、塩とオリーブオイルで和えるだけ。パスタができるまで冷蔵庫で冷やしておこう。

アーモンドとシソのジェノベーゼ風パスタ

 ジェノベーゼ風ソースだが、今、我が家は野生化した青ジソがモッサモサな状態でとり放題。多少の虫食いはあるが、産地直送無農薬だ。フードプロセッサーがあれば楽勝なのだが、うちにはない。編集Hが「すり鉢で十分イケます」というので「それなら」と、アーモンドをテキトーな大きさに砕いて「さて、すり鉢」と思ったら……ない! 我が家の「出た切り老人」こと母に電話して聞くと「あ、春ごろに落として割っちゃったのよね。それから買ってない」という。

庭のシソ。

 すり鉢、すり鉢、すり鉢ぃぃぃっ! と叫んでも、今ここにないものは仕方ないので、丸のままのアーモンドを果物ナイフで細かく刻んでいくことにした。記事には、料理研究家・成沢正胡先生の「少しツブツブが残っていても食感が楽しい」という温かいお言葉もある。このコメントにすがろう。

 「少しツブツブ」どころではないが、なんとなくアーモンドの粉っぽいものができた(アーモンド職人と呼んでくれ)。これにみじん切りにしたシソと粉チーズ、米油、塩を入れてよく混ぜ、ゆであがったショートパスタを入れてよく絡める。

 苦労の甲斐があったのか、もともとのレシピがスーパー良いのか、とにかくショートパスタは最高にうまかった。売っているジェノベーゼソースのようなペースト状ではない。はっきり言って「ふりかけ状」なのだが、それもまた良しという感じ。アーモンドのほのかな甘みとチーズのコクで、「旨み」的な調味料は必要ない。で、これはたくさん作っておいて、翌日チンして食べてもけっこうイケる。涙涙涙。

【アーモンドとシソのジェノベーゼ風パスタ】

 一方、冷蔵庫で冷やしておいた「アーモンドとイカのレモン塩あえ」は、タイミングの勝負だと思った。イカはレモンに漬かり過ぎると透明感がなくなって、白くにごってしまうし、アーモンドもカリカリ感が損なわれる。下ごしらえした材料を別々に冷やしておいて、食べる直前に「おりゃっ!」と混ぜて食べるのがベストみたい。

 「全然想像できない」と言っていたアーモンドとイカとセロリとレモンの相性もバツグンだ。刺身用といっても、夏のイカはちょっと臭みが気になることがある。そこを柑橘のレモンと香味野菜のセロリが爽やかにマスキング。これだけでもかなりいい感じの一品なのだが、アーモンドが加わると、イカのしっとり、セロリのシャキシャキ、アーモンドのカリカリで口の中が楽しい♪

 はじめは「これ、なんでアーモンドを丸ごと入れるんだろう?」と思っていたのだが、食べてみてよくわかった。かみごたえがあるから、自然とよくかむ。だから、「いっぱい食べた感」MAX。パスタの前菜はぜひコレで!

おいしい度: ★★★★
ヘルシー度: ★★★★
フードプロセッサー欲しい度: ★★★
(★四つで満点)
「編集Hの“天の声”」
 どうした、どうした、ぽてちさん。夏の暑さが逆に調子を狂わせたのか、はたまた“ドジッ子”ぽてちさんが落ちる穴がない完璧なレシピだったせいか……。大成功じゃないですか、今回。写真もうまそうですよ。ツッコミどころがなくて、寂しいくらい。ちなみに読者のみなさんへ。アーモンドづくしのメニューは、腹持ちがいいことも付け加えておきます。

 くわしくは「日経ヘルス」2014年9月号114ページ「旬の食材ヘルシーレシピ Vol.29 アーモンド 新事実! 1日25粒食べるだけで半年で3.4kgやせた!」を読んでね。

文=竹島ぽてち

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ