• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サンローランに学ぶおしゃれ美学

2014年8月23日

イヴ・サンローランの伝説的ルックを今に生かそう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
◆60年代モードの原点を知る映画『イヴ・サンローラン』
(C) WY productions - SND - Cinefrance 1888 - Herodiade - Umedia

 評伝映画『イヴ・サンローラン』が9月6日に公開される。1960年代をリードした伝説的巨匠のファッション哲学を感じ取れるストーリーは、本格的なおしゃれが楽しめる秋が近づく中、おしゃれ美意識を磨く手がかりになる。再評価される60sルックを知るうえでも貴重なヒントを提供してくれる。

 歴史に名を残すデザイナーは少なくないが、その中でもサンローランは特別な存在。たとえば、オフィススタイルの代名詞的なパンツルックも彼の遺産と言える。現代では当たり前になった、女性がメンズの要素を取り入れる先駆けともなった。「男は男、女は女」という線引きを崩しながらも、品格やスタイリッシュさをウィメンズの装いに落とし込んだセンスは今も見習うべきポイントが多い。

(C) WY productions - SND - Cinefrance 1888 - Herodiade - Umedia

 近頃は「アートを着る」という装いが盛り上がっているが、サンローランが65年に発表した「モンドリアン・ルック」は約50年も前にこの新トレンドを予言していた。原色を格子状に配置する幾何学的な作風で知られたオランダの画家ピエト・モンドリアンの作品をワンピースに落とし込んだ。翌66年にはアンディ・ウォーホルとの出会いをきっかけにポップアートをモチーフに迎えた。

(C) WY productions - SND - Cinefrance 1888 - Herodiade - Umedia

 まだウィメンズとメンズがはっきり区別されていた66年に、伝説の「スモーキング」を発表したのは、歴史的なチャレンジと言える。紳士服の中でも正装感の高いタキシードを、レディーの装いに写し取った。さらに、68年の「サファリ・ルック」ではアフリカやハンティングのムードを持ち込み、今季の新トレンドとなっているアウトドアにも通じるタフでマニッシュな着こなしを打ち出した。メンズライクなテイストや、アート風プリントを装いに落とし込むアレンジが脚光を浴びる中、今季らしくコーディネートを進化させる気づきポイントが映画の随所に用意されている。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ