• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

突然の雷雨を少しでも先読みするには

2014年8月18日

ゲリラ豪雨を回避! 雨雲の動向を知らせてくれるアプリ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この季節、傘を持たずに都内へ出かけられる日は、一日もないといっていいくらい、出がけのお天気とは関係なく突然の雷雨に見舞われます。

 特に私などは神奈川県の外れに住んでおりますので、都内の天気と違うことに驚かされます。私の住んでいる付近では、夕立が驚くほど少ないし、都内ほど「突然」やって来ません。暗くなってきたと思ってから行動を起こすのでもだいたいは間に合います。

 この感覚で都内に出ると、十数分のうちに光景が一変するので、とても慌てます。そこで、今回は、外出先でも手軽に雨雲の動きをキャッチできる便利なアプリを紹介します。

雲行きが怪しいときには、とりあえず「アメッシュ」

 世の中は異常気象めいてきてしまっているかもしれませんが、代わりに便利なツールがたくさんあります。

 とりあえず雲行きが怪しくなったら「アメッシュ」を見る、というクセをつけるだけでも、突然の惨劇を避けるのにけっこう役に立ちます。

東京アメッシュ:http://tokyo-ame.jwa.or.jp/

 特に「2時間の推移」を眺めていると、今後の状況がだいたい推測できます。たまにとんでもない展開になることもあるので、過信は禁物ですが、赤点のかたまりが迫ってきているのに、結果何でもなかったなどということはまずありません。

 まして、これから移動するすぐ先に赤点のかたまりがあるなら、まず間違いなくかなりの確率で、豪雨・雷雨にぶつかります。

 また、雨の降っている地域のアニメーションから、だいたいどのくらいの時間が経てば雨が上がりそうかということも、けっこう正確に予測できます。急いでいるときは別ですが、急いでいないなら雨が上がるまで建物の中で時間をつぶせます。

 この種のアプリは「通知してくれる」のが1つの売りになっていますが、通知というのは行動パターンがかなり安定していないと、意外と役立てられません。このことは覚えておきましょう。

 横浜でお茶を飲んでいるとき、「新宿で雷雨警報!」などと通知されてもうるさいだけです。

 それどころか人間勝手なもので、自分がしばらく喫茶店の中にいるとわかっているときには「横浜で雷雨警報!」であったとしても不要に感じかねません。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ