• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大金を手にしても“普通”でいられる?

2014年8月16日

世界中のメディアが絶賛するドキュメンタリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 お金。もちろん、たくさん有った方がいいですよね。お給料はできる限り多い方がいいし、結婚する相手も貧乏よりかはそれなりに稼ぎがあった方がいい。金欠のときは、宝くじにでも当たらないかな、なんて考えたりもしますよね。でも、もしも大富豪になって、有り余るほどのお金を手にしたら、今と同じ感覚でいられる自信、ありますか? 突然、大金を手にした人ほど、使いまくって破産するケースは少なくないと聞きます。

 無一文からビジネスに成功してアメリカンドリームをつかみ、大富豪になった男性。貧しい家庭で育った女性が、その大富豪と結婚。2人は、アメリカ最大の自宅を建てるという壮大な夢を持ち、彼らを追ったドキュメンタリー映画が製作されることに。ところが、撮影中の2008年秋に、世界的大参事“リーマン・ショック”が起こります!

「クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」
8月16日(土)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
(C) 2012 Queen of Versailles, LLC. All rights reserved.
配給:スターサンズ

公式サイト:http://www.queen-cinema.jp/

 1980年代、タイムシェア(共同所有)リゾートビジネスで、巨万の富を得る大富豪となり、ジョージ・W・ブッシュを大統領にするために力を貸したと言われるデヴィッド・シーゲル。前妻と離婚したばかりの彼は、元ミセス・フロリダで同じく離婚を経験したジャッキーと2000年に再婚します。

 ジャッキーは、フレンドリーで気取ったところのないオープンな女性ですが、30歳以上も年上のデヴィッドと結婚し、2500平米もの巨大な邸宅で贅沢三昧な暮らしをするうちに、普通の人とはかなりズレた感覚になっていきます。

 9年で、双子を含む7人の子どもを授かったデヴィッドとジャッキー。ジャッキーは豊胸した大きな胸にピンヒールといういでたちで、シルバーのロールスロイスファントムや、自家用ジェット機に乗って出かける生活を満喫。姪を養子に迎え、5人の乳母、ボディーガード、シェフら19人の使用人を抱える夫妻。デヴィッドは、自分の会社がラスベガスに100%自己資産の巨大なビルを建設するという絶頂期を迎えます

子だくさんのシーゲル夫妻。
さらに姪を養子に迎え、乳母たちは大わらわ。

 そんな中、シーゲル夫妻はアメリカ最大の自宅であり、夢の宮殿となる“ベルサイユ”を作る野望を抱き、2006年に建設を開始。とてつもない数の部屋や施設を備えたベルサイユの工事が6割進んだ頃、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻による全世界規模の金融危機が……。デヴィッドの会社も、巨額の借金を抱えてしまいました。

これがアメリカ最大の自宅。建設途中のベルサイユ宮殿!

 ベルサイユを建設する過程を追い、成功者の記録としてシーゲル夫妻を取材する映画を撮影していたローレン・グリーンフィールド監督は、その途中で金融崩壊が起き、大富豪が転落する様子を映し出すことになるとは予測できなかったそうです。

 デヴィッドは危機に直面しても諦めず、再起に賭けようと奔走しますが、感覚がズレたままのジャッキーは、相変わらず買い物を減らすこともなく、無駄遣いをしてデヴィッドをいら立たせます。夫婦仲はどうなるのか? ベルサイユ宮殿の完成の行方は……?

 もしも自分がジャッキーだったら? 彼女は決して“イヤな女”という感じではなく、良き母であり、優しい女性です。突然、大富豪になって、好きなだけお金を使えるようになったり、セレブと知り合いになったりするうちに、“普通”であることがどんなことか分からなくなったのかもしれないですね。そこへまた、突然どん底に突き落とされても、“普通”を取り戻すのは容易なことではないのかもしれません。アメリカの観客が失笑したという、彼女の無知と思えるような発言(ネタバレになるので書きません。ぜひ劇場で確かめてください)に、私は笑うよりも、ちょっと恐ろしくなりました。

 お金。もちろん、無いより有った方がいい。でも、必要なだけ持つのが一番なのかも。人気女優のキーラ・ナイトレイの年収が約500万円だと報じられ、「セレブなのに!?」と多くの人が驚きました。キーラいわく「これくらいで十分」。カッコいいですよね!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメお買い物・節約術暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ