• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「夫がうつ状態になりました」

2014年8月13日

希望を失った夫にきついことを言ったと悔やむBさんのケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「心が疲れた」と感じることは、誰にでもあることです。ただ、その度合いや“症状”は人によって違います。解決のためには、時には「相談」することも有効です。
 この連載では、産業カウンセラーが実際に受けた相談から実際の事例を紹介し、働く女性のメンタルヘルスを考えます。
 今回は公共機関の相談室に勤務のカウンセラーAさんのもとを訪れたBさんの事例を紹介する。

*   *   *   *   *   *

 Bさんは派遣社員として働く30歳の既婚女性。家族は夫と5歳の子供だ。

 初めて相談に来たBさんは、長い髪を一つに束ね、ジーパンにTシャツのラフな服装で、化粧っ気はなく、かなり落ち込んだ様子だった。

Bさん「私のことではないですが、いいですか?」

Aさん「ご家族のことでしょうか」

Bさん「夫の様子がおかしくて」

 ご主人の様子を聞くと、食欲がなく、夜眠れず、無口でぼんやりしていることが多いようだった。

 以前は、とても明るくよくしゃべるご主人だったらしいが、ここ1年くらいは元気がなく、どうしてあげたらいいかわからないと悩んでいた。

 元気がなくなった原因で思い当たるのは、会社のことだと言う。

Bさん「仕事の内容が合わないようで」

Aさん「合わないお仕事をやっていらっしゃるんですか?」

Bさん「ええ。やりたい仕事がほかにあったんですが・・・」

 Bさんのご主人は、大学を卒業して大手メーカーに就職。営業の業務に従事していた。配属が決まってから、人と接する仕事は苦手だと、Bさんにこぼしていたらしい。

 二人は大学の同級生で、就職後しばらくして結婚した。

 大学では一つのことを研究するのが好きだったご主人は、就職先を選ぶ時も、自分が研究した内容を生かせる会社を選んだ。就職難の中、何十社も就職活動をし、希望の会社に入社できたのはとてもラッキーなことだった。

 ご主人の口癖は「思い続ければ、願いは必ず叶う」。

 面接の時に、自分が研究したことを会社のために生かしたいと、思いを込めて伝えたから合格できたという自負が、強くあったらしい。

 しかし入社後配属されたのは、ご主人が行きたかった研究のセクションではなく、営業セクションだった。新入社員はまず会社の事業全体を把握してからという、会社の方針があり、新入社員は、営業セクションに配属されることが多かったようだ。

 人と接する仕事は苦手だったが、いつか希望のセクションに行けることを信じて、ご主人は頑張っていたらしい。

 Aさん「Bさんはご主人のことを心配していました。大学の頃から知っているご主人が、昔と違ってしまい困惑もしていました。原因はわかっているが、自分の力ではどうすることもできない、辛くもどかしい状態でしたね」

 ご主人はいつか希望のセクションに行けることを信じ、何年も待ったが、なかなか希望の辞令は出なかった。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
太田由紀子
太田由紀子
産業カウンセラー。出版社、放送局勤務後、産業カウンセラーの資格を取得。傾聴でカウンセリングを行う。メンタルクリニックの運営にも携わっている。日経ビジネ スオンライン「メンタルリスク最前線」コラム執筆。日経ビジネスムック『課長塾 部下育成の流儀』にも登場。現在は音楽療法も勉強中。
関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルスキャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ