• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

イケメンはやっぱり世界を救う?

2014年8月20日

極上のイケメンを拝めるリーガル・コメディ『SUITS/スーツ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは! 海外ドラマコラムニストの伊藤ハルカです。

この連載では、恋愛、お仕事、ファッション情報たっぷりな海外ドラマの紹介を通じて、

働き女子の日々のモヤモヤを軽くしたいと願っています。

最終回である今回は、働き女子を悩ませる様々な問題をすべて解決してくれるドラマをご紹介します。

【すべての働き女子の皆様へ】
今回で、「海外ドラマ相談室」も最終回。
これまでは一人ひとりのご相談にお答えする形で海外ドラマを紹介してきました。今回は、本コラムを読んでくださる働き女子の皆さんに向けて、様々な問題をすべて解決してくれる(かもしれない)海外ドラマをご紹介します!

 その海外ドラマはズバリ……こちらです。

『SUITS/スーツ』

(c)2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

▽作品紹介
 主人公は、ハーバード出身のエリート弁護士ハーヴィーと、天才的記憶力を持つハーヴィーの部下・マイク。この二人がコンビとなり、所属している弁護士事務所での権力争いや、弁護士生命を揺るがす事件に立ち向かい、上司と部下を越えた友情を築いていく、リーガル・コメディです。「このコンビがイケメンすぎる!」と話題になっている注目の作品です。

▽こんなあなたにオススメ
1)イケメンに目がないあなた
2)リーガルドラマが好きなあなた
3)男の友情にホロリとしてしまうあなた


▽ここに注目して観てほしい!

1)極上のイケメン2人に癒されて!

タイプが違う2人のイケメン弁護士。(c)2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

 『SUITS/スーツ』ではまず、主演のイケメン2人に思いっきり癒されましょう!
 日本人好みのイケメン2人が主役の海外ドラマなんて、めったに出会うことができませんよ。

 まずは、ハーヴィーについてご紹介しましょう。ハーヴィーは、アラフォーゆえの落ち着きとお色気を醸し出す、肉食系エリート弁護士。「裁判で勝つためなら手段を選ばない」という、仕事では傲慢な男ですが、部下や上司に対しては人情家でもあります。

 ハーヴィーの部下であるマイクは、若さゆえのまっすぐさと、甘いマスクが武器の草食系男子。入院する祖母のお見舞いに足繁く通うような優しい男ですが、若さゆえに「自分は仕事ができる男だ」と勘違いし、影でサポートしてくれるハーヴィーの優しさに気が付かず、暴走してしまうことも……。

 実はこのマイク、重大な秘密を抱えています。弁護士として事務所に勤務しているのに、弁護士資格を持っていません。弁護士になれる能力は十分にあるのですが、大学に通うお金がなく、資格がとれなかったのです。ハーヴィーはそれを承知でマイクを雇い入れました。

 さて、皆さんはハーヴィーとマイク、どちらがタイプでしょうか?私は、見た目のフレッシュさから、はじめはマイク推しだったのですが、ドラマを見ていくにつれて、ハーヴィー推しに変わりました。ハーヴィーは一匹狼タイプですが、実は誰よりもさびしがり屋。弁護士資格を持っていないマイクを守るために影で骨を折っているのに、それを決して人に見せない……そんな姿を見ているうちに、心変わりしました(笑)

 もちろん、マイク派の女子もたくさんいて、こんな声が寄せられています。「若いゆえに暴走してしまうところがかわいい」、「世間知らずでピュアなところが愛しい」、「整った顔が単純にタイプ」……マイクの不器用さが母性本能をくすぐるようです。

 落ちついたセクシー弁護士と、不器用なキュート弁護士。
 仕事で疲れた夜には、ぜひ彼らに癒されてください♪

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
伊藤ハルカ
伊藤ハルカ(いとう はるか)
長年のアメリカドラマ好きが高じ、PR会社やIT系企業で広報を務めるかたわらでアメドラのコラム執筆を開始。年間1500本以上のアメドラDVDを観賞し、『AllAbout』の「海外ドラマ」ガイドを務める。現在は、『海外ドラマNAVI』『オンエアナビ』でも定期的にコラムを執筆している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ