• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

元劇団四季俳優に学ぶ、運をつかむ法則

2014年8月12日

「選ばれる女子」になるために大切な要素は、好奇心を持つこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 元劇団四季の俳優という異色の経歴を持つプレゼントレーナーの櫻井秀樹さん。WOL世代の働き女子の研修をすることも多いといいます。

 今日からはじまる新連載『恋も仕事もうまくいく! 選ばれる女子になる10のメソッド』では、そんな櫻井さんが編み出した自分作りのメソッドを紹介。恋愛でも仕事でも“選ばれる”あなたになれるよう応援します。

 初回は櫻井さんの人物像に迫りながら、“選ばれる”ことの大切さ、そのために身につけたいことなどを語っていただきました。

人生とはだれかに“選ばれる”ことの連続

――この連載とご著書『選ばれる人になる絶対的存在感の作り方』のタイトルにもなっている「選ばれる」をテーマにされたきっかけは?

 僕自身が、芸能の世界で、オーディションなど“選ばれる”“ふるいにかけられる”というのをたくさん、そしてシビアに体験してきたことがきっかけです。

 会社員であれば、たとえばあるプロジェクトのメンバーに選ばれなかったとしても、社内でほかに仕事がある。でも芸能の世界では選ばれなければ仕事がないし、生きていけないんですよね。

 そんな体験から得たことを体系立ててお伝えできたらと思いました。

 また受験や恋愛、就職、結婚など、実は人生ってだれかに“選ばれる”ことの連続なんですよね。一般のかたにも、そこに意識を向けてほしいという問題提起でもあります。

 自分は選ばれ続けている、ということを意識しないと、望まない人生をつかまされてしまうことになる。選ばれることへ意識を向けて“自分の選んでほしい人に選ばれる人生”をつかんでほしいと思います。

――櫻井さんの経歴を教えてください。

 エスカレーター式で大学まで行ける学校に行っていたんですが、勉強に飽きてしまって。大学には進学せずにほかの道を探そうと思っていた矢先、18歳のときに父が自殺したんですね。

 「自分は学歴もなく、金もなく苦労をした。秀樹には大学までエスカレーター式の道も用意したし、学費もいまから死んで遺す。大学に行って、なにをしてもいい。勉強でなくてもいい、好きなことでも見つけてくれればいいから。学歴は邪魔にはならない。なくて困ることはあっても、あって困ることはないから」と言い残してくれて。

 自分の命の使いかたを考えさせられるようになりましたね。それまでは時間を無駄に過ごすことが多かったし、自分の一生を薄めるような生きかたをしていたと思うんです。

 でも自分の命をどう使ったら濃く生きられるか。それを考えさせられるようになりました。

――それは衝撃的な体験でしたね……。そこで大学に行かないわけにはいかない。

 はい。それで大学に進学することにしたんですが、ただ勉強はしたくなかった。そこで入ったのがミュージカルのサークルでした。

 僕、小中学校では、音楽の成績が学年でビリだったんです。それくらい音楽がダメで、芝居の経験ももちろんない。これなら底辺からはじめられるな。伸びていく過程を楽しめるから、きっと飽きないだろう、と思ったんです。

 それまでなにをやっても、ある程度は人並みにできて、すぐ飽きる、という器用貧乏だったので。

――そこで芸能の世界に足を踏み入れるわけですね。

 在学中から就職活動はせずにオーディションばかり受けて、卒業後は大手芸能事務所のダンスセクションに合格。そこからテーマパークのダンサーの仕事を紹介されて4年ほど続けました。

 そしてちょうどやめようとしていたときに見つけたのが劇団四季のオーディションだったんです。「日本でダンサーとして生きていくにはここしかない」と応募しました。

 2000人ほどの応募者のなかで、合格者は100人程度。さらに僕はオーディション組と呼ばれる即戦力として採っていただいたので、30人程度の狭き門でした。

 合格したものの、すぐには仕事なんてありません。

 みんなが基礎レッスンを受けながら、仕事が降ってくるのを受け身で待っているなか、僕は一日も早く舞台に立ちたくて能動的に働きかけていきました。貯金ゼロだった僕には、仕事がくるのを待っている余裕なんてなかったんです。早く舞台に出てお金にしないとバイトせざるを得なくなる。バイトなんてしていたら舞台に出られなくなる。本末転倒ですから。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
櫻井秀樹
櫻井秀樹(さくらい・ひでき)
プレゼンスアップ・コンサルティング代表。“世界一厳しいプレゼントレーナー”。
早稲田大学卒業後、劇団四季俳優として、8年以上にわたる芸能活動をするなかで、「相手に選ばれる自分作りとその表現方法」を体系化。現在は劇団四季で培った表現力をビジネスの現場に応用、“世界一厳しいプレゼントレーナー”として、年間100本以上の企業研修・セミナーなどを通し、のべ3000人以上のビジネスパーソンに向けて、「選ばれる自分作り」のノウハウを伝えている。
俳優の役作りや即興演劇の技法を応用した体験型セミナーは、常に笑いと感動に満ち溢れ、アンケート評価は99%の満足度を誇る。
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ