• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いい出会いを呼び込む女子会を開くコツ

2014年8月7日

年間1000時間の愚痴を聞いていて気付いたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

女子会にゲストを呼んで、ミニ勉強会を開催

 いつもの3人のメンバーとの女子会だって、新たな出会いの場にできます。

 いつものメンバー以外に、ゲストを一人、呼んでみるのです。

 このゲストは、「いつものメンバーにとって、面白い人になるだろうな」という人を選びます。

 「私の同級生にこういう人がいてね、すごく面白いんだ~」とみんなに話してみたら、「すごーい」といった反応が返ってくるものです。

 そうしたら「じゃあ今度の女子会に呼ぶから、その人の話を聞く会にしよう」とやってみる。

 ゲストを一人呼んだだけで、いつもの女子会がミニ勉強会に早変わり。

 やってみて面白いと思ったら、次は他のメンバーがゲストを連れてくる。

 そうやって交代でゲストを呼ぶ女子会を1年やったら……かなりの刺激を受けるだろうし、少なくとも前向きな気分になれる女子会が開催できます。

 テーマを設けた女子会にするのもいい。

 例えば、「今度の女子会だけど、すごくよかった旅行先をテーマにしてみない?」といった具合です。

 いつも同じメンバーで、気が付くと「会社でさぁ~」と愚痴大会になりがちだった女子会も、テーマを設けるだけでいつもとは違う空気になるはずです。

 「スペインに詳しい友達がいるんだけど、連れてくるね」と、このときも新しいメンバーを混ぜると、より新鮮味のある会になります。

 思い切って、特技を教える場にする方法もおすすめです。

 「いつもの女子会、ちょっと趣向を変えて、私の家でアロマセラピー講座をするのってどうかな? この間まで、アロマセラピーのスクールに通ってたの」

 そうやって自分から何かを発信していくことで、友達2人に向けて始めたアロマ講座が、2回目には3人、3回目は4人……と広がりがでるかもしれません。

 どうです? 楽しそうでしょ。

愚痴の多い場所には、身を置かない

 特に会社の同僚との女子会は、どうしても会社の愚痴に終始してしまいやすいものです。

 けれど、愚痴が何かを生み出すことは、ありません。

 私は、年間1000時間の愚痴を聞いていた時期があります。

 部下の悩みや相談はきちんと聞いてあげなきゃと逐一対応していたのですが、結局は「私はこんなに頑張っているのに、会社は評価してくれない」という愚痴なんですね。

 会社の同僚との飲み会も、結局は愚痴大会になりがちでした。

 そしてある時、気が付いたんです。「愚痴をいくら聞いたところで、何も生み出さないんだな」と。

 それ以降、私自身は愚痴を絶対に言わないようにしているし、愚痴の多い場所には身を置かないようにしています。

 愚痴の多い場は、マイナスのエネルギーが溜まっている場です。

 そこに身を置いていると、自分自身の動きが鈍くなり、新しい行動をしようという気にもなかなかなれません。

 愚痴の多い場にいるなと思ったら、そこに足を運ばないようにするか、場の空気を変える工夫をすることです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
奥田浩美
奥田浩美
株式会社ウィズグループ、株式会社たからのやま 代表取締役。鹿児島生まれ。インド国立ムンバイ大学社会福祉修士修了。1991年、ITに特化したイベントンサポート事業を設立。2001年に(株)ウィズグループを設立し、IT系大規模コンファレンスの事務局統括・コンテスト企画などを行う。2013年に徳島県の限界集落に(株)たからのやまを設立し、高齢者のタブレット使用のサポートを行う拠点を設け、高齢者共同製品開発事業を開始。2014年より、情報処理推進機構の「IT人材白書」検討委員、未踏IT人材発掘・育成事業の審査委員をつとめる。著書に「人生は見切り発車でうまくいく」がある。
関連キーワードから記事を探す
暮らし方働き方キャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ