• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

今年の夏は進化系かき氷がブーム!

2014年8月7日

ドンペリかき氷やみたらし味のかき氷など続々登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 真夏の楽しみの一つ、かき氷! 昔から定番のかき氷だが、今シーズンは変わり種や専門店が多数登場し、バリエーション豊かに、すっかり進化を遂げている。ぜひ味わってみたい話題のかき氷をご紹介! (※価格は特記がない限りすべて税抜)

 まず今年話題となっている、新規オープンの専門店!

 今年4月六本木にオープンしたかき氷専門店「yelo(イエロ)」は、かき氷を食べられるお店としては珍しい深夜営業・年中無休。しかも一見バーと見紛うようなおしゃれな店構えで、異彩を放つ話題店だ。3時間の行列ができることもあるという。さてどんなかき氷があるのか?

六本木「yelo」の「アボカドマスカルポーネ」(900円)。アボカドのかき氷なんて珍しい!

 目の前に出されると、で、でかい。一人で食べきれるかな? と思うほどに盛られているが、食べてみると、口でサッと溶けるフワフワの氷。綿菓子みたいだ。頭にキンキンと響くこともなく、シロップの味がしっかりついていて、どんどん食べられる。甘くて、まろやかで、おいしい~。あっという間に一人で平らげてしまった。

 同店の磯谷巧さんにお話をお聞きした。口どけのいい氷は、「純氷」(長時間かけて凍らせた透明な氷)を用い、冷凍庫から保冷庫に移して温度を上げてから削っているという。そうすると空気を含みフワフワな食感になるのだそう。また「最後まで味が薄まらないよう、3層構造でお造りしています。それぞれの層で丁寧にミルクソースとフレーバーソースをかけているので、どこを食べても味があるんですよ」とのこと。

 他にも、いちごミルクやマンゴーラッシーといったフルーティーなフレーバーもあれば、ティラミスやキャラメルなどのスイーツ系もあり、いろいろと試したくなってしまう。「『本当においしいかき氷をいつでも食べられるお店』が当店のコンセプトです。気軽に入っていただけるようにアクセスのいい六本木で、深夜も営業しているおしゃれなお店にしました」と磯谷さん。一味違うかき氷、ぜひ一度試してみていただきたい。

 今年4月に原宿にオープンした「Mango ChaCha(マンゴーチャチャ)」は、台湾産の最高級アップルマンゴーをたっぷり使ったマンゴーデザート専門店。ここのかき氷はマンゴーシロップを使わないのが特徴だ。

原宿「Mango Cha Cha」の「元カレ」(2850円)。3~4人でシェアするサイズのかき氷。マンゴーが豪快にゴロゴロ入っている!

 まず気になるのがこのメニュー名! 「元カレ」って、なんで?! 同店代表の宮下美智子氏にお聞きした。「『元カレとシェアしてもいいくらい美味しい』というのが由来です。『元カレください!』『元カレ食べちゃった』なんていう会話で盛り上がるんですよ」とのこと。おもしろーい!

 「当店のかき氷は、マンゴージュース7:ミルク3の比率で、マイナス40度で凍らせた氷を使用しています。台湾から輸入した特別なかき氷機で削ることで甘くてフワフワの食感が実現しています」とのこと。さらに濃厚なマンゴーやマンゴーアイス、甘いマシュマロが豪快に盛り付けられており、マンゴー好きならペロリと食べられてしまう一品だ。

 台湾ではかき氷を仲間でシェアして食べる文化があるのだそう。同店でも「日本のみなさんにも仲良くシェアして食べてもらいたい」という思いがありシェア用のサイズを販売しているが、もちろんシングルサイズもあるのでご安心を。

 続いては、珍しい“味チェンジかき氷”!

世田谷区の「和kitchenかんな」の「みたらし牛乳」というかき氷は、牛乳ベースのかき氷にしょうゆ風味のシロップをかけ、あられ等のトッピングで味の変化を楽しむというもの。

「和kitchenかんな」の「みたらし牛乳」(700円)。みたらしシロップと、あられと刻み海苔が添えられている。

 白いフワフワの氷がキレイに盛り付けられている。まずはシロップなしでそのまま食べてみると、ほんのり甘いミルク味の氷。優しい味だ~。そこへ、みたらしシロップをかけてみた。甘じょっぱくなり、本当にみたらし団子のよう。塩味が効いたかき氷って初めて!

 食べていくと、中に練乳がかけてあって、甘い部分と甘じょっぱい部分があるので飽きがこない。さらにあられ、刻み海苔をトッピングすると、香ばしさとカリカリッとした食感がプラスされ、一口ごとに違った味になるのが楽しい!

 「和食屋なので、甘味を生かしたかき氷を作れないかと考えたのがきっかけです」と話してくださったのは、同店店主の田中完児さん。「あられ、海苔、シロップが別添えで、好みで味を足していけるので喜んでいただいています」とのこと。味を変化させつつ食べていると、あの山盛りだった氷もあっという間に完食してしまった。

「和kitchenかんな」で7月から販売されている「くろ・ごま」(700円)。黒豆シロップと白ゴマシロップが半分ずつ! カラフルな煎りゴマがトッピングしてあるのも可愛い。

 続いては、コラボかき氷!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ