• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

視覚的に組み立て、時間効率を上げる!

2014年8月4日

たすくまで、「予定」と「タスク」を調整しながら時間の使い方を検証

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 かつてこの連載の中で、『「時間がある」と感じる状況』という記事を書いたことがあります。

 ここで「開始時刻が決まっている予定」と「開始時刻が決まっていないタスク」とは分けて考え、予定と予定の間に挟まれた時間の中で、いかに必要なタスクを済ませてしまえるかが時間管理のカギというような話をしました。

 これを手元でコントロールするためのアプリがiPhoneで登場しました。それが前回も紹介した「たすくま」というアプリです。

 この「予定」(開始時刻が決まっている)と「予定」の間の「タスク」(開始時刻は決まっていない)をうまく配置して、時間内にさばいていくというのが「タスクシュート式」という仕事術の中心の考え方です。

予定時刻に間に合わないなら赤、間に合うなら青

 これが、たすくまのメイン画面です。

 この画面はちょうど今やっている「日経ウーマンの記事」が「実行中」を示す“くまマーク”になっています。

 今日はこれから娘を風呂に入れ、そのあと、近所で夕食会にお呼ばれしています。その時間が午後8時。このままのペースで間に合いそうです。

 しかし、寝る準備を始める時間はいつも午後8時45分にしていますが、このままのペースでは午後8時59分になってしまいそうなのです。これでは間に合わないので、「寝る準備 20:45」は赤表示になっています。

 赤表示を放っておいても間に合うということは、経験上ほとんどありません。逆に青表示でも時間が足りなくなったという経験はたくさんあります。だからこのままのやり方ではまずいのです。少なくとも娘を午後9時に寝かしつけたければダメです。

 1つの考え方として、この記事を書くスピードを上げるということが考えられます。

 現在この記事を書くのに必要な時間は40分と見積もってあり、しかしこれ以上短くするのはおそらく不可能です。やろうと思えば2~3分は短縮できるかもしれませんがせいぜいその程度です。

 むしろお風呂です。今日は夏で暑苦しいので、お風呂に45分も入っている必要はなさそうです。これを思い切って30分にしてしまえば、寝かしつける時間に間に合うでしょう。

 そこで次のように変更します。

 これがタスクシュート式の時間調整です。もちろんこういうのは息苦しいという人もいるでしょう。

 でも結局私達はこういうことを、アプリを使わなくてもやっているはずです。もちろん必要な時間を減らすことをせずに、タスクをしないことにしたり、あるいは予定の後に回すなどの手もあります。たすくまでは、タスクの並び替えも簡単にできます。

 ただこの日の場合、「夕食後の休憩」を「寝る準備の後ろに回す」というのはあまりにも変です。「パンとコーヒーのチェック」はしょせん1分の見積もりなので(実際には1分もかからないので)やらないことにしてもあまり時間の短縮にはなりません。

 つまりここで考えるべきことが他にもあるということです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ