• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ナチュラルなのに目を引く!女優顔メイク(2/3)

2014年7月31日

透明感のある美人顔にメイクで近づく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

アイライン&マスカラ

 女優メイクのキモはやはりアイライン。だからといって、アイラインを太く長くするわけではありません。きちんとまつ毛とまつ毛の間を埋め、さらにインサイド(粘膜部分)もラインで埋めます。アイラインを引いたら、アイシャドウをラインの上になじませます。こうすると、ラインだけが悪目立ちせず、深みのあるまなざしが完成します。

 マスカラのポイントはまつ毛の下側だけでなく、上側からも塗ること。こうすると、まつ毛が濃く、つややかに見えます。

○アイラインプロセス

1 細いリキッドアイラインでまつ毛の間を埋める。まつ毛の上側から点々と埋めるとよい。

2 1でまつ毛の間を埋めた上に、やわらかいペンシルでスッスッとラインを引く。スーッと一気にラインを引かなくてOK。ラインの太さは2ミリくらいが目安。

3 2で使ったやわらかいペンシルで、インサイド(粘膜部分)にラインを入れる。まぶたを引き上げ、下からペンシルを入れるようにすると粘膜部分がよく見えて引きやすい。

4 締め色アイシャドウを細いブラシか綿棒に取り、アイラインの上にスッスッとなじませる。こうするとラインとシャドウが分断されず、ラインが目立ちすぎない。

 アイラインが完成したところ。 目のフレームがハッキリして、黒目も大きく見える。

5 マスカラをまつ毛全体に均等に塗る。まつ毛の下側を塗り終えたら、まつ毛の上側も塗ること。全体に塗ったら、目尻だけ重ねづけする。

6 下まぶたのキワ、目尻から黒目の外側まで締め色アイシャドウを細く入れる。このとき目尻側を幅広にするとたれ目風に仕上がる。ブラウンのやわらかいアイラインで下まぶたの粘膜部分にインサイドラインを入れる。下まつ毛にもマスカラを塗る。

 アイメイクが完成したところ。目の縦幅も横幅も大きくなったように見える。

チーク&ハイライト

 メリハリのある顔立ちに見せるチークとハイライトは、女優メイクに欠かせません。チークは肌なじみのいいピンクを選び、頬の高いところ中心にぼかしましょう。彫りの深い美人骨格に近づけるハイライトは、Tゾーンとあご先、目尻のCゾーンに入れます。立体感が出るだけでなく、ハリとツヤのある肌に見えますよ。

 Tゾーンとあご先、目尻のCゾーンにハイライトを入れる。

 これで終わり! どんな風に変身したかは、次のページでチェック!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
外丸愛
外丸愛(とまる・あい)
専門学校卒業後、都内ヘアサロンワークを経てフリーのヘアメイクを経験。2005年から現在のヘアメイク事務所である「NU YARD」所属。男性・女性問わず、映画・舞台のヘアメイクを手がける傍ら、『FRaU』『SWITCH』などの雑誌でも数多くの女優・タレントを担当。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ