• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

40歳主婦が離婚して出会った「新しい私」

2014年8月11日

自分と徹底的に向き合った中で見えてきた幸せ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回のアキコさんに続き、ミッドライフクライシスの実体験を話してくれたのは、エスカレーター式の私立の有名校で小学校から大学まで学んだマユミさん(仮名・45歳)。彼女にとって人生最大の危機は、39歳の時でした。

■巣作りに集中した20代、お受験ママの30代

「子どもの頃から不仲の両親を見ていたせいか、20代前半は結婚に夢は持たず、恋愛重視でした。でも、子どもは欲しかったので、どんな相手と結婚しても、自分と子どもは養っていけるだけの力はつけたいと思っていました」

 OLでは、しっかり稼ぐのは難しそう。そう思ったマユミさんは、大学を卒業後、非常勤講師として高校で社会科を教えることに。しかし、理想とのギャップを感じ、一年で一般企業に転職。総合職として、厳しく育てられました。

「私がいた業界も、日本経済も元気な時代だったので、楽しかったですね。仕事を通じて華やかな世界を見せてもらいましたし」

 26歳で結婚し、翌年出産。育休明けに仕事に復帰する予定でしたが、我が子の可愛いさに、退社する道を選びました。その後、第二子を出産。

「毎朝コーヒーメーカーでコーヒーを淹れ、お気に入りの食器を少しずつ買い揃えたり。20代後半は、まさに巣作りの時代でしたね。でも、30歳になる前、ふと周りを見ると、OLの友人が昇進したり、留学したりと活躍していて。私の人生、これでよかったのかな、と焦る気持ちもありました」

 それでも30代は、お受験ママとしてさらに忙しい生活が待っていました。

「渦の中に巻き込まれているような、そんな日々でした。二人が私の母校に無事に合格すると、保護者として学校に通い、ボランティアをする日々。でも、楽しかったですね」

■夫からの言葉の暴力を受け、カウンセリングへ

 子育てママとして忙しく過ごしていた39歳のある日、ふとしたことから夫と大げんかに。激高した夫は唐突に「付き合っている女性がいる」と宣言し、家を飛び出して行きました。マユミさんは何とか話し合おうとしたものの、離婚を望む夫からの、妻の人格を否定するような言葉の暴力に追いつめられていきます。

「40歳目前の自分はもうおばさんだという自覚もありました。だからこそ、一生一緒にいると思っていた相手からの言葉の数々に、女性としての自分を全否定されたように感じましたね。でも、後から考えると、もっと前からお互いの心は離れていて、あの大げんかは決定打だったんだなと。悩んでいた時、友人に『マユミは父と母がいて、その周りを子どもが駆け回ってる…みたいな家族の形にこだわるよね』と指摘され、ハッとしたんです。不仲の両親を見てきた私は無意識に『夫婦は仲良くしなければ』と思い込み、それまで夫とけんかすることもなかったなと」

 まずは自分を立て直さなければ。そう思ったマユミさんは、自分に合いそうな心理カウンセラーを探し出し、カウンセリングを受けることにしました。

「カウンセリングを受けるうちに、私は子どもの頃からずっと、家族の歯車を回すために自分の感情を犠牲にしてきた、ということに気付きました。子どもの頃は親が『こうあってほしい』という人生を歩み、大人になってからは自分の主語を持たずに生活していたんだなと。すると、カウンセラーの先生が、『これからはあなたの好きなものをコレクションしましょう』と言って下さったんです」

 でも、長年自分を押し殺してきたため、なかなか自分の好きなものがわからなかったそう。

「シャープなブルーの服が好き。でも、ナチュラルなピンクの服も好き。いったいどれが本当の私なんだろう、って。でも、どれも私なんですよね。自分を型にはめようとしていたのは、実は私だったんだと気付きました。それまでは、シャープなブルーの服を好むのが本当の自分だと決めつけていました。ナチュラルなピンクの服を着る自分を切り捨てていたんですね。でも、両方とも自分なんだと受け入れた時、世界がわっと広がったように感じたんです」

 カウンセリングで少しずつ取り戻していった自己肯定感。追いつめられていたマユミさんにとって、カウンセリングは安全地帯になっていきました。

「でも、相変わらず夫からは、私を洗脳するかのようなモラハラ発言のくり返し。カウンセリングに通っていることを知られたら、また何を言われるかわからない。だから、夫には絶対に知られたくない。そう先生に話したら『よく自分を守れましたね』と言われ、涙が出ました。肩の力を抜いて生きるとはどういうことか、やっとわかるようになりました」

 両親や夫など、相手が求めるものを無意識のうちにキャッチして演じるクセを手放すと、自分の気持ちを優先できるようになったそう。そして、40歳で離婚をしました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
吉田渓(よしだ・けい)
大学在学中からフリーライターとして活動を開始し、「女性の心と身体」をテーマに雑誌やWEBで執筆。著書に『スピリチュアル あなたのための使い方』(講談社)、『働く女のスポーツ処方箋』(グラフ社)がある。
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ