• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

退職を機に迷い込んだ「暗黒」からの脱出

2014年8月4日

危機を抜け出すきっかけをくれた人たちは「命の恩人」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 経験も年齢も重ねた大人が「これでよかったのだろうか」「今までの自分は間違っていたのでは」と疑問を抱き、それまで築いてきた価値観が揺らぐ。それが、ミッドライフクライシスです。
 今回は、実際にミッドライフクライシスを体験した女性に、心の危機を迎えたきっかけと、そこからどう抜け出したのかを教えてもらいました。

■母の病気、友人の死、退社…雪崩のような喪失体験

 アウトドアが好きで友達が多いアキコさん(仮名・54歳)が最初に不調を感じたのは、2010年の12月のことでした。

「その頃、仕事でイベント担当になり、徹夜が続くほど多忙だったんです。体調が悪いなと感じながらも、なんとかイベント開催にこぎ着けたのですが、初日に母が脳梗塞で倒れてしまって」

 幸い、医師の診断は「命には別状がない」とのこと。ホッとしたのもつかの間、中学時代からの友人が脳死状態となり、イベント最終日に再び地元に戻ります。その直後、今度はアキコさん本人が胃潰瘍となってしまったのです。

 悪いことは重なるもので、同じ頃、19歳の時から32年間働いてきた出版社の業績が悪化。会社とのやりとりに疲弊しながら、「組織のためには給料の高い人間が辞めた方がいい」と、アキコさんは退職を決意します。

「会社での仕事はやりたいことだらけでしたから、まさか自分から辞めることになるなんて思ってもいませんでした。人生ってわからないですよね。年齢を考えると再就職は無理だろうから、フリーランスでやっていくしかないなと」

 そう考えた時、まず気になったのが、「家賃」だったそう。

「フリーになれば会社員のような安定した収入は見込めません。そうなれば都内のマンションの家賃を払い続けるのは難しいし、安い家に引っ越すにしても借りにくいかもしれない。それなら会社員のうちにと、胃潰瘍の激痛に耐えながら、年の瀬に急いで引っ越しを決行したんです」

 引っ越し先は、「家賃が安くて、趣味のサーフィンができる」海辺の町でした。しかし、この決断がアキコさんを大きく追いつめることになったのです。

■友人のいない土地で味わった孤独と自己否定

「引っ越し先には友達は一人もいないし、すぐには仕事もできない。分割で支払われる退職金と失業保険だけで暮らす日々で、一番の心配はお金のこと。そんな時に起こったのが、東日本大震災でした。海辺の町なので余震の度に津波が心配で、『万が一の時は知り合いもいない避難所でやっていけるんだろうか』と不安になりました。孤独死を細かくシミュレーションしたり、『ブルーシートで暮らすようになったらどうしよう』と、本当に怖かったですね」

 その時点でお金に困っているわけではないのに、将来への不安から、お金のことばかり考えていたというアキコさん。必要以上に節約したり、人に会えば「この人はいくら稼いでいるのかな」と、いつもの精神状態なら考えないような思考回路になっていたそう。

「何とかしようと始めたのがウォーキング。でも、東京と違って一人暮らしの独身女性などいない土地では、夕方歩いていると、『あら奥さん、夕飯の支度終わったの?』なんて声をかけられるんです。それが苦痛で、また家に閉じこもるようになりました」

 会社という「ホーム」を失ったアキコさんにとって、その町は完全に「アウェイ」。そんなアキコさんの心に押し寄せてきたのは、凄まじい後悔の嵐でした。「結婚しておけばよかった」「子どもを産んでおけばよかった」「会社を辞めなければよかった」…。

「それまでは結婚も出産もあまり考えてこなかったんです。というより、19歳で出版社に入ってからずっと、バックミラーのない車みたいに、ひたすら前だけを見て突き進み、立ち止まったことがなかった。立ち止まって初めて、『結婚しなかった自分』『出産しなかった自分』『会社を辞めた自分』を否定しました。でも、『仕事をしてきた自分』だけは、否定しなかったんです」

 一番ショックだったのは、生まれて初めて「死んでもいいかな」と考えている自分に気付いたこと、とアキコさん。心療内科で抗うつ剤を飲むのだけは避けたいと、ある決心をしました。

「節約しつつも、気持ちが上を向きそうなものならどんどん試してみることにしました。呼吸法、カウンセリング、ヒプノセラピー、歯の治療…。近所のヨガ教室では、なかなか友達ができない私に、先生が『私が友達になるわ。いつでも来なさい』と言ってくれて、ホッとしました。その後、地元で空手道場にも行くようになりましたが、鬱々とした状態から抜け出すきっかけになったのは、2011年の8月のできごとでした」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
吉田渓(よしだ・けい)
大学在学中からフリーライターとして活動を開始し、「女性の心と身体」をテーマに雑誌やWEBで執筆。著書に『スピリチュアル あなたのための使い方』(講談社)、『働く女のスポーツ処方箋』(グラフ社)がある。
関連キーワードから記事を探す
暮らし方人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ