• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

婚活修行。100人まであきらめない!

2014年7月18日

恋愛がしたいんじゃない。結婚したいのだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 夏本番です。子どものころ、寝ている間に手を振りながら盆踊りを踊っていた、たちばなりょうこです、こんにちは! 明け方、家族に「踊ってたよー」と大笑いされ。この季節になるとよく思い出します。
 さて、7月1日から1カ月間お送りしている、連続エッセイ「婚活物語」。平日毎日更新中! 前回のお話はこちらです。

 第14回目の今日は、相手からフェードアウトされる度に受ける「心のダメージ」によって、婚活うつになりかけた梨緒でしたが、なんとか思考を切り替え、また歩き出そうと気持ちを高めます。
 梨緒の結婚への熱き思いと宣言をどうか受け取ってください!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 婚活していて大事だなと思うのは、「一喜一憂しない」ということです。

 気に入った相手と何回か会って話してみたら、「やっぱり女性には家にいてもらいたいんですよねー。帰宅して明かりがついているとホッとするし」と、あまりの価値観の違いにガックリしたり。

 デートがすんごい楽しくてお互いいい感じだったのに、連絡したら返事が来なくて、そのまま音信不通になってしまったり。そういうことは日常茶飯事です。

 心のアップダウンって想像以上に、エネルギー消耗するから、自分の心と体を守るためにも「一喜一憂しないこと」が大切だなって、思うのですね。

 それにね、私は恋愛がしたいわけじゃなくて、結婚がしたいんです。

 恋愛ってキュンキュンしたり(あれ、若干表現古い?)、ちょっと嫉妬してみたり、そういうのが楽しいじゃないですかー。

 でも、そんな恋の醍醐味は、もはや結婚という明確な目標を立てた以上、むしろ邪魔になる可能性もあるんです。
 私は恋の甘く危険な果実を味わいたいわけじゃなく、あくまで一生を添い遂げる伴侶を見つけたいわけでして。
 もちろん、気に入った相手と近づけてうれしい!とか、キュンキュンときめくこともあるけど、それは一旦脇に置いて冷静に考える必要があるなって思うんです。

 もはや自分という人生のビジネスパートナーを見つけるようなものですから。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。大学卒業後、人材派遣会社の営業、出版社の編集者を経て、2001年に独立。雑誌や書籍、Webなどで執筆。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ