• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

婚活うつを一歩手前で防いだ私の思考法

2014年7月17日

フェードアウトは当たり前。そことどう折り合いをつけるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「元気だね~」と20代のお友達に言ったら、「若いんで!」と爽やかな笑顔で返された、たちばなりょうこです、こんにちは! なんだろう、爽やかな空気のあとで、このモヤっとした残り香は……。
 さて、7月1日から1カ月間お送りしている、連続エッセイ「婚活物語」。平日毎日更新中! 前回のお話はこちらです。

 第13回目の今日、婚活は2回目までは進むけれど、3回目まではなかなか進まない梨緒。気に入った人でも、突然ぷっつり連絡が途絶えて、いつの間にかフェードアウトされてしまう。フラれたような、でもはっきりフラれていないような……。そんな婚活特有の微妙な関係の絶ち方に次第にさみしさが増し、精神がやられていきます。
 「婚活うつ」になりかけの梨緒は、その後、どう自分なりに折り合いをつけていくのでしょうか? 心の内をご覧ください!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 2回お会いして気に入った男性に「次は○○に行きませんか?」というお誘いメールを送るも、その後なんの連絡もなし。「いつの間にかフェードアウト」が立て続けに続いて、私はだんだん婚活に嫌気がさしてまいりました。

 婚活サイトを開くのもおっくうになり、婚活という文字すらも拒否反応を示すようになってしまったのです。
 平日の夜は連日デートの約束を入れ、土日はパーティや合コンの予定を入れて、ガツガツ精力的に活動していたのに、まったく気力がなくなって、土日も2日間寝通し、という週も出てきました。

 人疲れ、というのもあるんでしょうか。
 初対面の、まだ好きになるかもわからない人と会い続けていれば、そりゃエネルギー吸い取られます。しかも、私、昔占い師さんに「エネルギーを人に分け与えて消耗するタイプ」と言われてましたし。

 これがもしや「婚活うつ」というものなのでしょうか?
 その兆候が見えて、私、結構ヤバイところまで来てるんだなって思いました。

 何よりつらかったのは、やっぱり私は結婚できないんじゃないか?ということ。
 本当は運命の相手なんていないんじゃないか?
 私を本当に好きになってくれる人はいないんじゃないか?
 と、どんどん悲観モードになっていく。

 たったひとりの結婚相手を見つけることってこんなにも難しいものなのか……。
 何人もいらないのに。ただひとりだけ、いてくれればいいのに。

 どこにいるんだろう? 私のダーリン。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。大学卒業後、人材派遣会社の営業、出版社の編集者を経て、2001年に独立。雑誌や書籍、Webなどで執筆。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ