• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「変わりたい」人が変われないワケ

2014年7月15日

性格を決めるのは「わたし」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「自分のことが嫌いだから、こんな性格を変えたい」という人は、実は本当は変わりたくないのだといったら驚かれるでしょうか。変わりたいといいながら、変わりたくないと思っている、というのは一体、どういうことなのか。もしも変わるとすれば、どうすれば変われるのかを考えてみましょう。

自分のこと、好きですか?

 カウンセリングにこられる人に「自分のこと、好きですか」とたずねると、ほとんど例外なく「嫌いです」という答えが返ってきます。

 「自分が嫌い」という人は、当然そんな自分のままでいいと思っているわけではなく、例えば、「私は性格が暗く引っ込み思案なので、人とうまくコミュニケーションを取ることができません。こんな私の性格をどうすれば変えられるでしょうか」といいます。

 「性格」というと、生まれつきのもの、変えられないものと思われがちですが、簡単ではないが、変えることも可能だとアドラーは考えます。変えられないというニュアンスでとられることがないように、アドラーは「性格」を「ライフスタイル」という言葉で表現します。

 ライフスタイル(性格)は、何かの問題を解決する時の個人に特有なパターン(癖)であり、自分や他の人、また、この世界をどう見ているかということです。何かの問題にぶつかった時に、その問題を解決できる能力があるかどうか、あるとしたらどう解決するか、そういったものはある一人の人間において、大体一定していています。

 とはいえ、このライフスタイル(性格)は生まれつきものではありません。同じ家庭に生まれ育ったにもかかわらず、子どものライフスタイルが一人一人違うことはよく知られています。ライフスタイルが違うことは、子ども自身が自分で決断してライフスタイルを選んだと考えなければ説明できません。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
岸見 一郎
岸見 一郎(きしみ・いちろう)
哲学者/日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問
1956年、京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋古代哲学史専攻)。京都教育大学教育学部、奈良女子大学文学部、近大姫路大学看護学部、教育学部非常勤講師、前田医院勤務を経て、現在、京都聖カタリナ高校看護専攻科、明治東洋医学院専門学校教員養成科、鍼灸学科、柔整学科非常勤講師。専門の哲学に並行してアドラー心理学を研究、精力的に執筆・講演活動を行っている。著書に『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社) 、『アドラー心理学入門』(KKベストセラーズ)など
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ