• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今週は台風8号「たぬき」に注意

2014年7月7日

暴風雨だけでなく、猛暑や熱帯夜も呼ぶ可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 先週金曜日に発生した台風8号は、アジア名を「ノグリー」といいます。

 韓国語で「たぬき」の意味です。(台風のアジア名に関しては、「きのうの台風の名前はグチョル?」をご覧ください)

 名前はかわいらしいですが、7月に日本列島に影響する台風としては最強クラスと、気象庁が7日午前中の会見で早めの警戒を呼び掛けたほどの勢力で日本列島に近付きます。

7月7日10時の気象衛星画像。この時点での台風は「大型」で「非常に強い」勢力。台風にともなう雲は1000km以上に及んでいて、台風の目もくっきりしている。(気象庁HPより)

 台風が進んでくる海域の海水温は30度以上。平年より1~2度高いです。

 台風の勢力が強まる栄養源は暖かい海からの水蒸気で、海水温28度以上の海域で台風は発達するといわれています。このため、沖縄に近づくまでは、さらに勢力が強まると予想されているのです。

7月6日の海水温と平年差
沖縄の南の海上は30度以上で平年より高い。台風が発達する海水温は28度以上といわれている。(気象庁HPより)

 7月8日の早朝には、台風は沖縄の南の海上に達するとみられ、中心気圧は910hPa、中心付近の最大風速は毎秒55メートルで「猛烈な」勢力になっている恐れがあります。

 沖縄では2年前の台風15号接近の際にも、気象庁が会見を開いて「近年にない記録的な雨や風になる恐れ」と警戒を呼びかけましたが、今回はこれを上回る勢力になると見られ、初めて台風に関する特別警報が出される可能性があります。

 特別警報は、去年の8月30日から運用が始まりました。

 3年前の東日本大震災や台風12号による紀伊半島の大雨などで甚大な被害が出て「これまでの警報では災害発生の危険性が伝わらないこともある」ことから、逼迫した状態の時に迅速な避難を促すために検討されてきたものです。

 これまでに1度、発表されたことがあります。

 去年の9月16日の朝、台風18号の影響で、滋賀・京都・福井の3府県に大雨に関する特別警報が発表されました。

 台風に関しては、本州では伊勢湾台風クラス(中心気圧が930hPa以下)、沖縄では中心気圧が910hPa以下、最大風速毎秒60メートル以上で、数十年に一度という稀な台風が目安です。

 夜間の暗い時間帯に特別警報が発表されてから避難するのは危険です。明るい昼間のうちに、停電への備えなど早めの安全確保をするようにしてください。

 沖縄は7日夜から8日にかけて大雨や暴風、高潮、高波に厳重な警戒が必要です。

 予想される最大瞬間風速は秒速75メートル…目安として1秒間で75メートル先のものが飛んでくるような風です。木造家屋が壊れたり、大きなトラックが横転するほどの強さです。7月に那覇や宮古島で観測された最大瞬間風速は毎秒55~56メートルです。これまでにない記録的な暴風になる恐れもあります。

 また、雨は1時間に80ミリという「雨や水しぶきで周りが見えず、息苦しさを覚えるような猛烈な雨」が降る恐れがあります。

 8日に予想される波の高さは、本島地方で14m、奄美地方でも12mと猛烈なしけが予想されています。

 さらに、台風が近づいて気圧がさがると、海面が吸い上げられることによって「高潮」が発生することがあります。気圧が1hPa下がると、1cm潮位が上昇するといわれます。

 海からある程度離れたところまで波や海水が及ぶ恐れがあります。

台風8号の進路予想図
台風は8日に沖縄付近を北上したあと、暴風域を伴ったまま九州に近づくとみられる。週の後半は、台風の中心が本州縦断か日本海・太平洋どちらを通るか範囲が広い。最新の予報で確認を。(気象庁HPより)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
暮らし方旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ