• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

毎日婚活デートで「出会い疲れ」

2014年7月11日

婚活で出会いが急激に倍増! 手帳は連日デートでいっぱいに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 夏でもまったく食欲が減りません、たちばなりょうこです、こんにちは!

 7月1日から1カ月間お送りしている、連続エッセイ「婚活物語」。平日毎日更新中! 前回のお話はこちらです。

 婚活サイトに有料登録したり、お見合いパーティに参加してみたり、本格的に活動を始めた梨緒。ところがサイトでも、パーティでも年齢のハンデを感じ、三十路の厳しい現実を目の当たりにするように……。
 一般的に見れば、30代前半なんてまだまだ若いでしょう!とツッコミを入れたくなりますが、実際に婚活中の本人にとっては痛切に感じた模様です。さて、第9回目の今日、その後の婚活の成果はいかに?

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 結局、男はなんだかんだ言っても、若い女が好きなんでしょうか……。

 お見合いパーティでは、明らかに20代とおぼしき、ハリツヤ弾力のある女の子たちがモテにモテておりました。

 特に本気で結婚したいという婚活中の男性は、出産適齢期のことも考えていて、「お付き合いをして結婚して出産」という期間を加味すると、「じゃあ若いほうがいいよね」ってことになるんだと思います。

 だって、33歳の私が結婚して出産と相成るころには35歳を超えてるかもしれませんもんね。

 そこら辺のこと、男性も考えてないようで意外と計算してるんじゃないでしょうか。

 確かに若い子への人気は抗いようもない事実ですが、だからといって悲観していても始まりません。年を重ねているからこその落ち着き、包容力、理解力がある、はず。負けてないぞ、自分!(負け惜しみっぽいが)

 そうやってくじけそうになる自分を鼓舞しておりました。

 実際、この前のパーティでも、まったくモテなかったわけじゃなかったし。おひとり、気に入ってくれた人がいて、カップルまではならなかったけど、声をかけてくれたことで少し自信が持てました。

 まぁまぁ、ビギナーズラックじゃないんだから、最初からそうそうピッタリの相手が見つかるってもんでもないでしょう。気を取り直して、再開です。

 そうこうしているうちに、婚活サイト経由でメッセージが何通か届き始めました。

 おっ幸先いいぞ、こりゃ!

 この中から気になる男性にメッセージを送り、何度かやりとり。なかなか好感触やん。

 なんだか急に新しい出会いが広がっていきました。あくまでネット上ですがね。

 私からも検索で見つけた気になる男性にアプローチしてみたり♡ まるでハンターの気分。

 複数の男性たちとのやりとりが日に日に増えていきます。

 意外とみなさん、メールの感じもいいし、「じゃあ、今度お会いしましょうか」ってことになっていき。

 火曜日の夜はケントさん、木曜のランチはカズキさん、金曜の夜はホリちゃんさん、日曜のブランチはリョウさん、そして来週水曜の夜は……お見合いパーティってか。スケジュール帳に予定を記すと、ほぼ毎日のように約束で埋まっていきました。

 私、名前を覚えるのがたいそう苦手でして。相手の名前をド忘れしちゃうことがあるんです。

 途中で、「あれ、この人、名前なんだったっけ?」とわからなくなり。あわてて化粧室に行って、彼とのメールのやりとりを見つけ、「ああ、リョウさんだったわ!」と判明。

 あぶない、あぶない。他の人の名前を言わなくてよかった、なんていう未遂事件もありました。

 5人、6人とやりとりする人数が増えていくと名前を覚えるのも一苦労。

 それからは、事前にメールのやりとりした内容と名前を一致させる「予習の時間」を持つようにしました。って、就職試験みたいだな。

 本気で相手を探すためなら、そのぐらいの手間はなんのその。

 でも、連日のデートのわりに、目立った成果が出ているかというと微妙で。しかも、最初は人と会うのが楽しかったのが、だんだん「やらなきゃ!」になっていき、次第に疲労が見え隠れするように。

 そんな矢先、この疲労に追い打ちをかけるような、摩訶不思議な男たちとの出会いが待ち受けていたのです!

次週7月14日に続く

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 記事のご感想&メッセージはFacebook たちばなりょうこ コミュニティまで。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。大学卒業後、人材派遣会社の営業、出版社の編集者を経て、2001年に独立。雑誌や書籍、Webなどで執筆。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ