• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トラウマなど存在しません

2014年7月8日

「過去」は自分の意思で意味づけをできるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「両親が離婚しているので、結婚できない」「子どもの時に母親から虐待を受けたから、子どもを産む自信がない」。子どもの頃のこのような体験が“トラウマ(心的外傷)”になって、結婚や出産をためらっている。このような相談をよく受けます。

 トラウマやPTSD(心的外傷後ストレス障害)という言葉が日本でよく使われるようになったのは、1995年の阪神大震災以降のことです。大きな自然災害、事故、事件などに遭遇することで心が傷つけられた人は、強い抑うつ、不安、不眠、悪夢、恐怖、無力感、戦慄などの症状が起こるというのです。

 たしかに強いショックを受けたことは事実ですが、その後の人生で行き詰まった時、そのことすべてをトラウマによると考えることに問題はないでしょうか。結婚や出産をためらうのは、本当に、トラウマのせいなのでしょうか。そもそもそのトラウマは本当でしょうか?

 実は、何かに行き詰まった時に、過去に経験したことがその行き詰まりの原因であると考えることには隠された目的があります。どうすればこのような考えから脱却できるか考えてみましょう。

トラウマに苦しむのではない

 2001年に大阪の小学校で、子どもたちが次々に暴漢に刺されるという痛ましい事件がありました。附属池田小事件と呼ばれるこの事件の直後、ある精神科医が、テレビのインタビューに答えた内容を聞き、私は驚愕しました。その精神科医はこう答えたのです。「今回の事件で、その場に居合わせた子どもたちは、たとえ自分が犯人に傷つけられていなくても、今後人生のどこかで必ず問題が起こる」と。

 つまり、当該事件によって起こるであろう心理的なダメージから逃れられずに、問題を抱えたまま生きていくであろう、といったわけです。その精神科医は「それほど子どもたちにとってダメージの大きい事件だった」ということをいわんとしたのだと思いますが、私はその発想自体に、非常に疑問を持ちました。

 あの時、事件の現場に居合わせた子どもたちは今もう二十歳になります。恋人ができている人もいるでしょう。結婚をしている人もいるかもしれません。そんな彼らが、付き合っている相手との関係がうまくいかなくなったり、結婚生活が続けられなくなったりすれば、あの事件の時に受けたショックがそのことの原因と考えるのでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
岸見 一郎
岸見 一郎(きしみ・いちろう)
哲学者/日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問
1956年、京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋古代哲学史専攻)。京都教育大学教育学部、奈良女子大学文学部、近大姫路大学看護学部、教育学部非常勤講師、前田医院勤務を経て、現在、京都聖カタリナ高校看護専攻科、明治東洋医学院専門学校教員養成科、鍼灸学科、柔整学科非常勤講師。専門の哲学に並行してアドラー心理学を研究、精力的に執筆・講演活動を行っている。著書に『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社) 、『アドラー心理学入門』(KKベストセラーズ)など
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ