• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

雑誌の見開きをiPhoneでスキャナ化

2014年7月7日

本のページを手軽に取り込みたい人におすすめのガジェット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回ご紹介した「ix100」という無線モバイルスキャナがたいへん便利で、連日使いまくっているのですが、ほぼ同じタイミングで登場した「SnapLite」という、ちょっと変わったガジェットは、どう使ったものか悩みました。

 とりあえず、デスクのライトとしては使えます。その上にiPhoneをのっけておいて充電したりするのもいいのですが、それでは全然使っている意味がないのです。

SnapLite製品情報 : http://snaplite.jp/

 公式ページで紹介されているのですが、「LEDライトと専用アプリの組み合わせで、iPhoneを高スキャナにする照明」というコンセプト通り、これだけといえばこれだけの内容のガジェットです。

 使い方は、iPhoneに専用ソフトを用意し、そのソフトからBluetooth経由で、ライトのオンオフを制御したり、ライトの真下に置いた紙をiPhoneで撮影します。

 「紙片」を自動的に判別し、焦点あわせや台形補正までやってくれますから、いってみれば紙をライトの下に置いてボタンを押せば、だいたいのところ「正しく紙片を撮影してくれる」というツールです。確かに便利ではあります。

 しかしix100があるので、私としては名刺だのレシートだのをiPhoneから撮影する気には全然なれません。というよりもそもそも、レシートはあまり撮影する気にもスキャンする気にもならないのです。しかも私はあまり名刺をもらいません。

 ix100で取り込んでいるのはもっと公用の紙です。契約書とか、税の払込用紙などです。こういうものがたまらないとか、引き出しにしまい込まずに済むというのが便利なのです。

 事実上、こういった書類を私は書斎ではないところにまとめて整理してあって、契約内容の確認などはすべてエバーノートでやります。そのためにはやはりiPhoneからの撮影では少し心もとないのです。もちろんiPhoneからの撮影でも読めるからいいと言えばいいのですが、ix100からの方が簡単で早い気がします。

 というわけで、紙片の撮影はあまり使い道がなさそうだったのですが、一つありました。

スキャンしにくい本で、存在感を発揮

 スキャンしにくい紙というのがあります。それが本です。

 本の場合、丸ごと電子化したいと思ったら、背を切り落としてバラしてから、それを自動取り込みするといったやり方になります。

 この作業をしたくない場合、フラットベット型のスキャナを使うことになりますが、非常に面倒なのでとてもやる気になれないものです。  そこで写真撮影となりますが、これもそんなに簡単ではないのです。見開きの状態を保ちつつ、写真撮影する必要があります。しかし、見開きを押えるための「手」が映ってしまうので、ブックストッパーのようなものを必要とします。

 そこでSnapLiteというわけです。iPhoneを上に置いておけば下に見開きに置かれた書籍のページを簡単に撮影できます。しかも焦点も合いますし、台形補正もされます。

 ただ、こういう書籍ページ取り込み機能の専用のガジェットとは言えないので、撮影した感じはだいたい次の画像が平均的です。私にはこれで十分ですが。

 もちろん、もっと手を加えれば、もっと綺麗に残せますが、しょっちゅう撮影するという使い方としてはだいたいこんなところです。これ以上手間をかけたのでは、せっかくの手軽な撮影機能をあまり使わなくなってしまうでしょう。

遊び感覚がちょうどいい

 上にあげたような、ちょっとしたものを取り込むとに、このガジェットは向いています。

 例えば自分の殴り書きした手書きメモなどは、スキャナで取り込むとなるとなんだか仰々しく感じるのでつい後回しになります。

 そんなのはさっさとiPhoneから撮影すればいいのですが、この、iPhoneで紙を撮影するという作業を私はあまり実り豊かに感じてないので、メモがたまるのです。SnapLiteはこのような対象について使うといいようです。

『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』
(中経出版)
佐々木 正悟 著
『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』(中経出版)

現状を手放す、カンペキ主義をやめる、「スタンバイ状態」をつくるetc…勉強・片づけ・仕事・行動につながる55の方法。すべて心理学にもとづいているから、誰でも使えて効果バツグン。気合いは必要ありません。


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ