• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

好きな人に結婚願望がないという誤算

2014年7月8日

ダメ男の次はデキる男! でも、エリートゆえの問題多発

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさん、こんにちは! たちばなりょうこです。

 7月1日から1カ月間お送りしている、連続エッセイ「婚活物語」。平日毎日更新中! 前回のお話はこちらです。

 恋愛での大きな痛手を被り、自分のあり方を改めて振り返った梨緒。とはいえ、なかなか新しい恋愛にも踏み切れず、悶々とした日々を送っていると、元カレである哲っちゃんの消息が明らかになってきました。さて、第6回目の今日、その驚愕の知らせとはいったい?

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 しばらく行方不明だった元カレ哲っちゃん。

 会社の同期がさらに別の部署の人から聞いた話によると、どうやら哲っちゃんは、フィリピン人の女性と結婚したというではありませんか!

 そして、なんとデキ婚!!

 はっは~。おそらくパブで働いてた方との間に子どもができて、結婚することにしたわけね。

 私への責任は一切とらず、異国の彼女へは責任とったのか。まぁ、子どもができちゃったならねぇ……仕方ない、か。

 驚くのは、それだけではありませんでした。

 私をもっとも震え上がらせたのは、哲っちゃんが自己破産していた、ということです!

 どうやら私の他にも借金をしていたらしく、とうとう返済が困難になって、最終的に自己破産宣告を受けたとか。

 そのひどい有り様に呆れ、しばらく呆然と立ちつくしてしまいましたが、一方で少しだけ気持ちが楽になったんですよね。

 彼が堕落してしまったのは、自分自身にも原因があるかもしれないけど、彼自身もまた相当ろくでもない人間だったということ。

 あいつの人生は、私がどうこうする以前に、もう破綻していたのです。

 それがわかったとき、心に重くのしかかっていた罪悪感とか、自分を責め続ける心とか、ぐちゃぐちゃした感情が少しずつ消えていって。

 これでやっと前に進むことができる――。そんな気がしたんですよね。

 新しい恋愛に踏み出す決心もついて、ネットの出会いサイトをちらちら見てみたり、友達に「誰かいい人いない?」って紹介をお願いしてみたり。

 果敢に動き始めて数カ月。知人の紹介でお付き合いが始まったのが、2つ年上のエリート会社員、聡介さんでした。頭の回転が速くて、仕事にも多少の野望を抱えてバリバリやるタイプ。たぶん年収は1000万ぐらいもらってそうな感じですかね。

 だからか、やたら仕事が忙しいんですよ。

 会う約束がなかなかとりつけない。会えたとしても、仕事の状況優先だから、待ち合わせの時間よりいつも遅れてくるんです。一緒にいる時間が明らかに少ない。

 デキる男は好きだけど、そういう人に限って忙しすぎるのが難点で。だから、なるべく長い時間一緒に過ごせるように、早いとこ同棲、いやむしろ結婚しちゃいたいのに~。

 ちょいちょい結婚についてどう思ってるのか聴いてみると、ちょっとめんどくさそうな表情。
 あれ、この人結婚願望ないのかしら? また機会を狙って窺ってみると、「結婚ねぇ。まだいいかな」と、それ以上聴くなモード。

 え~私、30過ぎたし、そろそろ結婚考える年なのに……。

 ある日、決定的な言葉が彼の口から飛び出した。

 「オレ、誰とも結婚するつもりないんだよね。子どもも嫌いだし」

 なに~!! ……ガーン。子ども、苦手なんかい!

 いや、でも人間、時間が経てば気が変わるかもしれないし、まだわからないよね。ほら、彼の仲いい友達が結婚して子どもできたりしたら、家庭の温かさが恋しくなるかもしれないし。

 まだまだあきらめんぞ、彼との結婚。私の闘志の炎はまだ消えることはありませんでした。

明日に続く

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 記事のご感想&メッセージはFacebook たちばなりょうこ コミュニティまで。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。大学卒業後、人材派遣会社の営業、出版社の編集者を経て、2001年に独立。雑誌や書籍、Webなどで執筆。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ