• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

同棲中の彼が貸したお金で散財、浮気?

2014年7月2日

毎晩の深夜帰宅、増えていくブランドもの。その謎とはいったい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 7月1日から1カ月間、連続でお送りしている「婚活物語」。平日毎日更新中! 前回のお話はこちらです。

 彼氏の哲っちゃんを追いかけ、関西から上京して同棲を始めた梨緒。仲睦まじかったのは束の間。彼が梨緒にやたらと小遣いをせがむようになり、その金額はだんだん吊り上っていき……。

 さあ、第2回目の今日、2人の関係はどうなる?

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


 「梨緒、頼む! 20万貸してくれへんかな?」

 哲っちゃんの私への無心は日に日にエスカレートしていきました。

 そんなにお母さん、金銭的に大変なのかな。それを信じてお金を貸してきたわけだけど、どうも最近、様子がとみにおかしい。

 帰りは毎晩深夜に及ぶようになり、明らかにスーツや時計も新調されている。その時計、どう見ても、ブランドものやん!

 「ねぇねぇ、哲っちゃん。そのお金、本当にお母さんのために使ってるの? なんか最近、哲っちゃん、お金遣い荒くない?」

 「母親のお金を立て替えてるのはホンマやねん。あと最近、やたら接待が増えてきてさ。やっぱ、取引先の手前、ええもの身につけたいやん」

 そっか、そうだよね。もう30歳だもんね。そろそろ仕事でも勝負どきだよね。って、信じられるかい!!

 私は顔を見合わせれば、彼を問い詰めました。哲っちゃんおかしいよ、どこに行ってるの?って。

 とうとう白状しやがりました。

 あいつ、夜な夜なフィリピンパブに通っていたのであります。

 「いや、パブ言うても、接待やねん。先方がどうしても行きたい言うから」

 接待だったら、会社のお金のはずなのに、なんで哲っちゃんの自腹なんだろう、とか、そんなに高級なスーツとか着る必要ないじゃん、とか、疑問はたくさんありました。

 その中でも、一番問い詰めたかったのは、「浮気しているんじゃないか?」ということ。

 女の影を、女の直感で見抜いてしまったわけだけど、決定的なことを言われるのが怖くて、聴くことができませんでした。

 お金が回らないのは、お母さんが原因だと信じたい。そして接待だと信じたい。

 その後も、ちょくちょく万札を手渡してしまい、私の貯金残高は確実に目減りしていきました。

 「梨緒~。もうそんな男やめなよ! 金づるじゃないんだからさ。いいように使われてるだけじゃん」。女友達が口々に彼との付き合いを反対する。

 「ホント別れたほうがいいって! 梨緒が心配なんだよ」って泣いて止めてくれる友達もいました。

 その気持ちは十分ありがたかった。

 だけど、「そうだよね」って素直に受け止められたら、どんなに楽だろうと思うのです。

 だって7年近くも付き合ってきたんだもん。結婚するつもりで、もう家族同然と思って、一緒に暮らしてた人をそんなにすぐ見捨てられるかって、やっぱりできるもんじゃないんです。

 お金だって、家族だと思ってたから、出し続けてきたわけで。

 彼が困ってるなら、助けてあげたかったから。

 でも、現実は目に見えるカタチで、破綻の予感をお知らせしてくれる。

 私は彼にお金を渡し続けてきた結果、とうとう貯金が底を尽いてしまいました。

 “数字”というカタチで何度も何度も「別れ」を警告してくれているのに、私はそれでもまだ彼から離れることができず、キャッシングまでして貢いでしまったのです。

(明日へ続く)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。大学卒業後、人材派遣会社の営業、出版社の編集者を経て、2001年に独立。雑誌や書籍、Webなどで執筆。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ