• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上司の「言っている意味わかる?」が怖い人へ

2014年7月1日

“上司に言われたくない”言葉No.1、どう対処するのが賢い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今回は、上司から言われたくない言葉No.1と言われている「言ってる意味わかる?」への対処法を一緒に考えていきましょう。

【お悩み】「言っている意味わかる?」という言葉が怖い
 自分としては、一生懸命に頑張って仕事をしているつもりですが、上司に言われて怖い言葉があります。

「言っている意味わかる?」という言葉です。

 こう言われてしまうと、なんだか怖いし、自信をなくしてしまいます。
(ゆきこ・団体職員・31歳)

上司に言われたくない言葉のトップ「言っている意味わかる?」

「言っている意味わかる?」

 実はこの言葉、日本のある企業が、2012年に新社会人を対象に行った「上司に言われたくない言葉」の調査で、一位にランクインした言葉なんだそうです。

 なぜこの言葉を言われると、「怖い」「言われたくない」と感じたり、威圧感を覚えたりするのでしょうか?

 理由は主に2つあると思います。

 ひとつめは、日本語の日常会話では、あまり使われない言葉だから。

 英語では、「言っている意味わかる?」にあたる“You know what I mean?”は、会話のなかで息継ぎほど頻繁に言う言葉です。“You know.(「わかるでしょ」)”にいたっては、あまりにもよく使うので、ほとんど意味をなさなくてなってしまっているほどです。

 でも、日本にはそのように頻繁に意味を確認する習慣はありませんよね。

 英語では意味の確認をしながら会話を進めていくのに対し、日本語は、意味の確認をせずに会話を進めていくのが普通です。

 なぜでしょうか。それは、会話というものに対する日本語文化と英語文化の違いがもとになっています。

「聞き手責任」の文化なのに、ビジネスでは「話し手責任」の日本

 日本語は「聞き手責任」の文化です。

 聞き手が心を砕いて、話し手の意を汲みとってあげる。そこから、空気を読む、あうんの呼吸といった文化が生まれます。

 いっぽう、英語は「話し手責任」の文化と言われています。

 英語は、自分が言いたいことを相手にわかってもらえるように、話し手が徹底して工夫する文化です。話し手はわかりやすく伝えなければなりませんから、「意味わかる?」としょっちゅう聞きますし、聞く側も「どういう意味?」「どういうこと?」と、お互いに確認し合いながら会話を進めるのです。

 日本語の日常会話で「どういう意味?」「どういうこと?」と積極的に意味を確認しようものなら、下手をすれば浮いてしまったり、カドが立ったりしかねません。話がスムーズに進まないこともありますよね。

 意味を確認し合わなくとも、会話が進む。これは、聞き手責任の文化だから成り立つことです。

 ところが、プライベートでの会話は聞き手責任なのですが、職場などビジネス上の会話となると、日本でもとたんに「話し手責任」に転じるのです。

 プライベートとは違って、ビジネスの場面ではクリアにしなければならないことが多くあります。職場での会話は、玉虫色では進めません。

 そこで、上司としては「言っている意味わかる?」と確認しておかなければならないのです。

 ですから、まずは「ここは職場だ。物事をクリアにすることが求められている場面。プライベートな会話とは違う場所なんだ」ということを自分に言い聞かせるといいでしょう。

 すると「言っている意味わかる?」の言葉に、必要以上に怖気づかなくてもいいと思えるのではないでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
狩野みき
狩野みき(かの・みき)
慶應義塾大学、聖心女子大学、ビジネス・ブレークスルー大学講師。グローバル水準の考える力・プレゼン力・作文力を指導するスクール、Wonderful Kids主宰。子どもの考える力教育推進委員会、代表。20年にわたって、大学等で「考える力」と英語を教える。慶應義塾大学法学部卒、慶應義塾大学大学院博士課程修了(英文学)。 著書『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』(日本実業出版社)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ