• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性が持つ男らしさ、女らしさを使いこなす

2014年6月30日

ミッドライフクライシスは男性性と女性性の均衡が入れ替わるタイミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「これでよかったのだろうか」「自分の人生は間違っていたのでないか」。30代後半あたりからやってくる心の揺れ動きが、ミッドライフクライシスです。そのミッドライフクライシスを乗り切る方法は、それまでの「自分らしさ」を改めて問い直すことだと、広島大学教授の岡本祐子さんは言います。

■女性も両方持っている男性性と女性性

「価値観が揺らいだ時、人はそれまでの人生を振り返り、『自分らしさ』を問い直すことになります。その過程で自分らしさを組み替えるという、『アイデンティティの再体制化』ができると、心の危機は収まるのです」

 「自分らしさ」をうまく組み替え・立て直すことができた人はさまざまな変容を見せる、と岡本さんは言います。自分にとって一番大切なことは何かがわかったり、今の自分にとっての「私らしさ」を見つけたり。また、社会とつながる活動をしたり、自分の人生や打ち込んでいるものに意味を見いだすことができるそう。

 つまり、ミッドライフクライシスにしっかり向き合うことは、バージョンアップした自分になることなのです。それと同時に、自分らしさを組み変え・立て直すことで、その後の人生を主体的に選ぶことにもなります。

 それまでの「自分らしさ」から、新たな「自分らしさ」を組み替え・立て直す時のポイントの一つが、「男性性と女性性」だと言います。

「心理学者のダニエル・レビンソンは、著書『ライフサイクルの心理学』で、ミッドライフクライシスは男性性と女性性の均衡が入れ替わるタイミングだと言っています。ここで言う男性性はリーダーシップを発揮して組織を率いたりする特質を、女性性は子供を育てるといった特質を指します。心理学では、男性だから100%男性的、女性だから100%女性的とはとらえません。男性の中にも女性性があり、女性の中にも男性性があります。昔ほどではないにしろ、人生の前半では男性はバリバリ仕事をするといった男性性を、女性は子供を産み育てると言った女性性を求められる傾向にあります。しかし、男性も中年に差し掛かると、自分が全面に出て活躍するより、部下を育てるという欲求が出てきやすくなったりします。また、子育て中心の生活をしていた女性も、中年にさしかかると、社会の中で自分らしさを発揮したいという欲求が出てくるというわけです」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
吉田渓(よしだ・けい)
大学在学中からフリーライターとして活動を開始し、「女性の心と身体」をテーマに雑誌やWEBで執筆。著書に『スピリチュアル あなたのための使い方』(講談社)、『働く女のスポーツ処方箋』(グラフ社)がある。
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ