• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の○○が気になる!

もらってうれしい結婚祝いの選び方

2014年6月16日

重視するのは「相手の好み」「品質」「価格」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 6月。ジューンブライドの季節。友人や同僚の結婚式に招待されているという方もいるかもしれません。ギフトに関するアンケート調査(調査対象:185名、調査期間:2014年5月2日~5月12日)から、今回は働く女性の結婚祝い事情をお届けします。

 家族や親戚へのギフトは、「7000~2万円」という女性が約4割。一方、友人や職場の同僚へのギフト予算は「3000~7000円」が半数超でした。また、多くの人が、「相手の好み」「品質」「価格」を重視して結婚祝いギフトを選んでいることもわかりました。実際に贈って喜ばれたプレゼント、既婚者の方がもらって嬉しかったギフトも一気にご紹介します。

家族や親戚へのギフト予算は「7000~2万円」が約4割

 まずは、「家族や親戚への結婚祝いギフト」について、1件あたりの予算を聞きました。もっとも多かったのは「1万~2万円未満」の22.8%。次いで「7000~1万円未満」(17.4%)、「4000~5000円未満」(14.1%)という結果に。身内には思い切って奮発するという人と、相手にとって負担にならない物を選ぶ人に分かれる傾向があるようです。

友人や職場の同僚へのギフト予算は「3000~7000円」が半数超

 「友人や職場の同僚への結婚祝いギフト」の予算についても聞きました。もっとも多かったのは「3000~4000円未満」の21.2%。「4000~5000円未満」(19.0%)、「5000~7000円未満」(13.6%)を合わせ、53.8%の女性が、「3000~7000円未満」の比較的カジュアルなギフトを贈っています。

ギフト選びで重視するのは「相手の好み」「品質」「価格」

 結婚祝いの品を選ぶ際に重視しているポイントについて、複数回答でたずねたところ、もっとも多かった回答は「相手の好みに合っていること」(66.8%)。以下、「品質が良いこと」(41.3%)、「価格」(39.7%)、「実用的、または消耗品であること」(35.9%)と続きました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術恋愛・結婚暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ