• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人の失敗を叱責してはいけない理由

2014年6月17日

「不適切な行為」よりも「適切な行為」に着目する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 部下が失敗を繰り返すというような場合、私たちは往々にして、その部下の問題点を探ろうとします。叱責されると、すぐに会社を辞めるといいだすので、上司は自分が若かった時はそんなことはなかったと思ってみたり、失敗するのは部下が軽率だったり、集中力が欠けているからだなどといったりします。

 このような場合、部下の家庭環境に問題の原因を求めることはないでしょうが、例えば、学校では、子どもが何か問題を起こした時、家庭環境にその原因を帰することはよくあります。

 部下の失敗は仕事を任せた上司にもその責任があるはずですが、部下の性格などに原因を求めるのは、上司が自分の責任から逃れたいからであり、いわば安全圏に自分を置こうとしているのです。

 しかし、これはちょうど学校の先生が、自分の教え方を棚に上げて、勉強についてこられないようだから塾にやらせてくださいとか、自宅で子どもの勉強をしっかり見てやってくださいと親に勧めるのと同じです。このような考えでは、上司には部下の問題に関してできることは何もないことになります。

性格は誰かとの関係の中で自らが「決める」もの

 では、どう考えればいいでしょうか。部下が失敗をすることに自分は何か関係があるのではないか、自分との関係の中で部下が失敗を繰り返すという“選択”を敢えてしているのかもしれないと考えてみるのです。

 人の言動は、誰もいない、いわば真空の中で行われるのではありません。必ずそれが向けられる「相手役」がいて、その相手役から何らかの応答を引き出そうとしています。

 性格も一人で生きているのであれば、問題になりません。アドラーは「人は、性格を誰かの前で、誰かとの関係の中で決める」と考えます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
岸見 一郎
岸見 一郎(きしみ・いちろう)
哲学者/日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問
1956年、京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋古代哲学史専攻)。京都教育大学教育学部、奈良女子大学文学部、近大姫路大学看護学部、教育学部非常勤講師、前田医院勤務を経て、現在、京都聖カタリナ高校看護専攻科、明治東洋医学院専門学校教員養成科、鍼灸学科、柔整学科非常勤講師。専門の哲学に並行してアドラー心理学を研究、精力的に執筆・講演活動を行っている。著書に『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社) 、『アドラー心理学入門』(KKベストセラーズ)など
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ