• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
Profile
岸見 一郎
岸見 一郎(きしみ・いちろう)
哲学者/日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問
1956年、京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋古代哲学史専攻)。京都教育大学教育学部、奈良女子大学文学部、近大姫路大学看護学部、教育学部非常勤講師、前田医院勤務を経て、現在、京都聖カタリナ高校看護専攻科、明治東洋医学院専門学校教員養成科、鍼灸学科、柔整学科非常勤講師。専門の哲学に並行してアドラー心理学を研究、精力的に執筆・講演活動を行っている。著書に『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社) 、『アドラー心理学入門』(KKベストセラーズ)など
  • 理不尽な上司にどう接するか

    感情的に理不尽なことをいう職場の上司にどう接していけばいいのか。この問題を考えるには、部下自身の問題と上司の行動の目的との2つについて考察する必要があります。

    つづきを読む

    2014年8月5日

  • 会議中の居眠りを叱るのは間違い?

    人間関係で問題が起きたとき、ついその問題に訳知り顔で踏み入ってしまうのが人間というものなのかもしれません。目の前の課題に冷静に対処するにはどうしたらよいのでしょうか。

    つづきを読む

    2014年7月29日

  • “女同士”の難しさをどう解決するか

    女性の上司部下、女性同士の友人関係、母娘関係、女同士の関係はいつも面倒くさい。なぜ、女性同士の関係はうまくいかないのか。キーワードは「共感能力」にあります。

    つづきを読む

    2014年7月22日

  • 「変わりたい」人が変われないワケ

    自分が嫌い、性格を変えたい、という人は多くいます。一方、そういう人に限って、「変わらない」と決めている人が多いのです。どういうことでしょうか。

    つづきを読む

    2014年7月15日

  • トラウマなど存在しません

    「子どもの時に母親から虐待を受けたから、子どもを産む自信がない」といったことをよく聞きます。いわゆる“トラウマ”です。しかしながら、この「過去」に意味づけできるのは、「今」の自分だということを考えてみ...

    つづきを読む

    2014年7月8日

  • 「いいね!」が作る危ない上下関係

    生まれて間もない子どもは親がどれほど世話をしても、そのことに対して「ありがとう」といってくれることはありません。子どもは親が援助しなければ生きていくことはできませんから、感謝されようがしまいが子どもの...

    つづきを読む

    2014年7月2日

  • どうしたら「人目」から解放されるか

    「人目」が気になってしまうことは誰にでもあること。「人の評価は変えられない」と考えれば、自分自身が自分の人生を肯定できれば、思い煩うことが無駄に思えてくるはずだ。

    つづきを読む

    2014年6月24日

  • 人の失敗を叱責してはいけない理由

    他人が失敗したときにまず相手を叱る。このことはごく自然のことのように感じます。一方、アドラーはそれをよしとしません。他人の失敗を責める前に、まず自分自身を変えようと説きます。

    つづきを読む

    2014年6月17日

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ