• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大人女性にふさわしいドレスアップ術

2014年6月14日

ミラノ発ゴージャスブランドから学ぶ、華やかなフェミニンスタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ジューンブライドの6月を迎え、パーティーやイベントなどでドレスを着る機会も増えるこの時期、フェミニンを演出するスタイリングはレディーのたしなみとも言える。出会いの可能性を広げ、親しい人との間柄を深めるうえでも、大人のエレガンスを薫らせる技は手に入れておきたい。ゴージャス服の代名詞的存在と言えるミラノブランド「Roberto Cavalli(ロベルト カヴァリ)」のあでやかドレス姿をお手本に、晴れ舞台でもおじけない装い方をおさらいしてみよう。

◆ミニドレス
Roberto Cavalli 2014春夏ミラノコレクション
Roberto Cavalli 2014春夏ミラノコレクション
Roberto Cavalli 2014春夏ミラノコレクション

 お呼ばれのチャンスが多くないなら、むしろ進んでドレスアップの日を増やしていこう。知り合いのお祝いイベントを企画してもいいし、友達との会食に新趣向を持ち込むのもいい。フルドレッシングのデートでは雰囲気も変わる。美術展に足を運んでアートを楽しむ日を作ると、美意識が養われる。観劇も格好のおしゃれシーンだ。

 華やかなファッションショーは自分とは縁遠いと思うのも、実は正しくない。モードの風向きを伝えるランウェイ上の提案からは、次のトレンドを自分らしい着こなしに生かすアイデアももらえる。ラグジュアリーなドレスルックからも、デイリーの装いやオフィスでの着姿に写し取れるスタイリングのシーズ(種)を見付けることができる。米国で人気絶頂のポップスター、Katy Perry(ケイティ・ペリー)やMiley Cyrus(マイリー・サイラス)にツアー衣装を提供し、ランウェイにとどまらないクリエーションを披露している「ロベルト カヴァリ」だけに、2014年春夏コレクションから感じ取れるおしゃれの「気づき」ポイントは数多い。

 繊細なディテールが目を惹くホワイトドレスには、ショールのようなニットアウターを重ねて、白のイメージを増幅。白一色の装いは淡泊に見えがちだが、手の込んだレーシーな演出と、立体感を出したレイヤードでリズムを生んだ。グラフィカルな黒×白のドレスは、トライバル(民族)風にも映る抽象的プリントや躍動的なムード。細い肩ひもとロングネックレスが響き合って、縦に細長いイメージを呼び込んでいる。オントレンドのスモーキーパステルで彩ったドレスは、透け感のあるエアリーな素材で大人っぽさを漂わせた。フリンジが揺れて弾むような若々しさを添えている。ネックレスやミニバッグにもフリンジで動きをプラス。細部に宿る美意識がミニドレスを子どもっぽく見せないポイントだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ