• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

WOMAN EXPO TOKYO 2014 輝くすべての女性のために

大評判に応え掲載 佐伯チズの生き方指南

2014年6月11日

佐伯チズさんが指南「相手の真意を見抜くには?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 WOMAN EXPO TOKYO 2014での「美肌指南・生き方指南」講演で、大人気だった佐伯チズさん。佐伯さんが、今、一番やりたいと思っているのが、後輩女性たちの生き方に対して、アドバイスをしてあげること。
 チズさんの生き方指南を、日経ウーマンオンラインでも大公開します。また、記事の最後には、佐伯チズさんからのお知らせもあります。

「人の心の奥を読み取ったり、
 やんわりとした表現から真意を見抜けるようになるにはどうしたらいいですか?」

【相談】
「佐伯先生、こんにちは。いま、転職活動をしています。
 “いい会社”に巡り合うための目を養うには、どうしたらいいですか。
 1~2回の面接だけで相手の心の奥を読み取り、オブラートに包んだような表現から“真意”を見抜けるようになるには、どうしたらいいでしょうか。教えてください」
(会社員、34歳)

あなたから開けば、人の心の窓も開きます
まず明るい挨拶を

佐伯チズさん
美・生活アドバイザー。1943年生まれ。滋賀県出身。美容家歴49年。外資系化粧品会社を定年退職後に、執筆を始め雑誌、テレビ、講演などで美・生活アドバイザーとして活動。その後、美容理念と佐伯式美容理論を提供する場、「佐伯式美肌塾チャモロジースクール」を開校。現在では、全国各地にスクールを卒業した弟子がおり、サロンを展開している。

 「厳しい」といわれる状況の中、転職活動を頑張っていらっしゃるのね。面接でもきっといろんな思いをされることでしょう。

 そんな中で、相手の真意を知りたいというお気持ち、よくわかります。でも、相手の思いを知ろうとすることにだけ一生懸命になるのではなく、真意を聞き出すためには、まず自分からオープンな気持ちを態度に表すことだと思います。

 その一番の表現が、明るい挨拶ですね。誰でも、自分を閉ざした印象の人には、なかなか本音を語れませんよね。明るく「こんにちは! 私はこういう人間です」と、オープンな姿勢の人には、相談してみよう、本音を話してみようと思いませんか?

 面接は、初対面で、時間も短い対話だと思いますが、人同士の関係の基本は同じだと思います。あなたの心の窓を開け放ったとき、相手もきっと本音を語ってくれるでしょう。

 まずは、「おはようございます!」「こんにちは!」と、あなたの方を向いていない相手も振り向かせるぐらいの元気な挨拶を実践してみましょう。そして、自分はこういう人だと、語るための自己分析も欠かせませんね。

働く環境はあなた次第
仕事のやりがいも自分で作り出す気概で

 転職について、ご自分に適した“いい会社”を探していると書いていらっしゃるけれど、最初から働きやすいということを求めるのは、私の“仕事観”からすると、ちょっと違和感があります。

 ご自分がこれから仕事をされるうえで一番何を求めるのか、何を優先するのか、はっきりしているかしら? 勤務時間が短い、この職種が好き、人と話すのが得意、何でもいいのですが、自分が仕事に求めるものをはっきりさせた方がいいわね。

 そのうえで、働く環境は、仕事をしていくうちに自分で作り上げていくものだと思いますよ。

 仕事についても、与えられた“作業”をただこなすだけではなくて、その仕事に対して、いかにやりがいを持って完成度を高く仕上げるか。そういった目標を立てて自分で工夫して結果を出していくことで、周囲からの信頼も厚くなり、結果として働きやすい環境になるのでは?と私は考えています。

 そして、働いていると、ときにはいやな思いをしたり、悩むことも出てくると思うのですが、そのときにどう対処できるかも、仕事のスキルのうちだと思いますよ。

 お薦めしたいのは、業種が違ったり、年齢がかなり上の、何でも相談できる友人を持つこと。会社内で年齢の近い女性同士で愚痴っても、足の引っ張り合いになるのが関の山。お互いいやな思いをしないためにも、相談内容によって相談相手を変えられるぐらいの“友人のバリエーション”があると安心です。

 こうした人間関係を耕してゆくのも、仕事を続けていくには大切だと思います。

 ご自分のしたい仕事をできるように、転職活動、そして転職後も頑張ってくださいね。

最近、富士山が見渡せる山梨がお気に入りの場所という佐伯チズさん。富士山をバックに記念撮影。でも、目からの紫外線でも日焼けすることがあるので、サングラスは手放しません。「富士山が見渡せる最高の環境の中で、後輩女性たちの悩みをじっくり聞いてあげる――そんなワークショップを始めることにしました。7月に私と一緒に、3日間じっくりと美肌になる方法を学んでみませんか?」と、佐伯さん。
佐伯チズさんが、「女性を美しくする山梨」で特別セミナー開催決定!
スキンケア・カウンセリング&ダイエット指導をする
女性のための“きれい塾”~生き方・食べ方をリセットして体の中から美しくなる~
詳しくはこちらから↓
http://fufuyamanashi.jp/event.html

取材・文/岩田るみ、編集部  写真/稲垣純也

日経ヘルス2010年7月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ