• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性の就業率が低い国は出生率も低い

2014年6月11日

安倍政権の成長戦略「女性の登用推進」、その背景とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 第二次安倍政権の、成長戦略の柱の一つが「女性の登用推進」だ。

 たとえば安倍首相は以前から、「2020年までに、あらゆる分野で指導的地位の3割以上が女性になる社会」を目標にしている(現在は1割前後しかいない)。

 また、以下の促進策もあげている(毎日新聞(6/3)より)。

・国、自治体、民間に対して女性登用の目標や行動計画を義務づけ

・女性の活躍推進に積極的な企業に対して、公共事業の受注機会を増大

・公務員の女性登用拡大に向けた目標を設定

・放課後子ども総合プラン、公的資格の「子育て支援員」などの子育て支援

・働き方に中立な税制、社会保障制度、配偶者手当などの再検討

 「政府が計画を立てるべき事なのか」と思うかもしれないが、日本の女性は世界的に見ても、就業率も、管理職率も、経営者率も低い。

 たとえば日本女性の就業率は7割を切っていて、世界的に低い数字な上、非正規雇用が増加しているために、その収入は男性に比べてとても少ない。

 そして日本で少子化が問題になって久しいが、少子化の国には日本だけではなく、イタリアや韓国などがある。

 これらの国の特徴は女性の就業率が低いということだ。

 先進国で子供を育てるときに重視されるのは「教育」であり、女性の就業率が低い国では教育費がまかなえないために、出生率が下がってしまうからだ。

 女性の就業率の高いフランスや北欧では、出生率は上がっている。

 だからこそ、政府は女性登用と少子化対策を両輪で進めようとしているわけである。

 それでも、「女性の就業率を上げるのはいいとして、指導的地位の女性の数を政府主導で増やすのはどうだろう」と思うかもしれない。

 「女性には管理職が向かない」となんとなく思っている人は、女性にも男性にも多い。

 2009年の調査であるが、JTBモチベーションの「上司の性別が部下のモチベーションなどに及ぼす影響」では、「女性上司は男性上司よりも、男性部下・女性部下両方のモチベーションを上げ、やる気になる」という結果がでている。

 意外に思うかもしれないが、詳しい結果はサイトでみて欲しい。


 この背景には、男性上司の働き方のスタイルや思想が古いために、女性部下だけでなく男性部下に対しても有効ではなくなり、女性上司の方が具体的に指導できるから、ということがある。

 最近では、やっと金融機関などでの女性役員就任のニュースも増え、少しずつ変化も生まれているのだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
深澤真紀
深澤真紀(ふかさわ・まき)
コラムニスト・淑徳大学客員教授
1967年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。
卒業後、いくつかの出版社で編集者をつとめ、1998年、企画会社タクト・プランニングを設立、代表取締役に。
日経ビジネスオンラインで2006年に「草食男子」や「肉食女子」を命名、「草食男子」は2009年流行語大賞トップテンを受賞し、国内外で話題になる。
『女はオキテでできている―平成女図鑑』(春秋社)、『輝かないがんばらない話を聞かないー働くオンナの処世術』、津村記久子との対談集『ダメをみがく――”女子”の呪いを解く方法』(紀伊國屋書店)、『日本の女は、100年たっても面白い。』(ベストセラーズ)など著書も多数。
公式サイト:http://www.tact-planning.com
関連キーワードから記事を探す
働き方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ