• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

人気上昇中の“シーズニングミックス”!

2014年6月12日

洋風ハーブ&スパイス料理に手軽に挑戦してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 最近、スーパーのスパイス売り場に、異変が起きているのはお気づきだろうか?! 様々なメニューに合わせた少量パックの「シーズニングミックス」が続々登場してきているのだ。そもそもシーズニングとは、香辛料、調味料という意味。シーズニングミックスは塩や胡椒、ニンニク、スパイスやハーブが粉末状に混ぜ合わせてあるもので、食材と混ぜ合わせることで簡単に深みある味わいが再現できる。そのバリエーションは様々で、ちょっと凝ったメニューや、おしゃれな海外のメニューだったりするのだ。

小さなパックが並ぶシーズニングミックスコーナーの一角。パッケージにはなんだか気になるメニュー名が。すべて1~2回の調理で使い切れるサイズだ。

 初めて挑戦するメニューでも手軽に楽しめるし、失敗知らず?! というわけで、今回はシーズニングミックスの実力を試してみることに! (※価格は特記がない限りすべて税抜きです)

 まず、たくさんのシーズニングミックスを販売しているエスビー食品「S&Bシーズニングミックス」シリーズから「鶏の香草焼き」をチョイス。これを試してみることに!

用意したのは、たったこれだけ。鶏もも肉250gと、エスビー食品「S&Bシーズニングミックス鶏の香草焼き」(2袋入り/110円)のうち、使用するのは1袋のみ。シンプル~。

 鶏肉は下処理をして一口大に切り、シーズニングミックスをまぶす。アルミホイルで作ったトレイに乗せて、オーブントースターへ。ここまでで、所要時間は5分弱。そしてオーブントースターで10分焼く。本来鶏の香草焼きを作るならば、材料はオリーブオイル、ニンニク、塩、胡椒、バジルやローズマリーのハーブ、などだ。それと比べるとなんて手軽なの~。それに作業も早い! だけど肝心なのは出来栄えだな、と思いつつ、トースターをオープン!

盛り付けてみると実に立派な一品~! 表面がパリッと焼けているしジューシーで、ハーブの香りもいい~。実作業5分のメニューには見えないかも!

 食べてみると、塩分もハーブの香りもしっかりとしていて、ちゃんとおいしくできていた! シーズニングミックスを一袋まぶすだけで、味のバランスで悩む必要がないのがラク。これなら急な来客のときにも活用できそう~。

 同社商品企画ユニット中島康介さんに話を聞いた。「このシリーズには世界各国のメニューをそろえていますが、様々なシーンや素材を想定してラインナップしています。中でも本格的な仕上がりで人気なのがこの『鶏の香草焼き』です。もともと、世界中の料理を通じてお客様にスパイスとハーブの魅力を知ってもらいたいという思いがあり、また“毎日の献立を考えることが面倒”というお客様にとって小さくて、軽くて、お求めやすい商品で役立つ“献立ライブラリー”のようなものが作れないかと考えて少量のシーズニングを発売したんですよ」とのこと。

 確かにあのパッケージにあるメニュー名を見て、試してみたくなる人は多いかも。献立ライブラリーという発想、面白い! しかも初めての料理に挑戦するのに、材料や味で苦労しなくていいし、調理時間短縮にもなる!

 「2010年3月から発売を開始した少量タイプのシーズニングミックスは、初年度と比べ売り上げが3年間で約2.1倍に伸びております! ラインナップは毎年見直しを行い、新たな商品を追加していますよ。晩御飯メニューから、家飲みのおつまみ向けのメニューもそろっています」と中島さん。

 ほかのおすすめを2つ教えてもらったので、そちらも試食してみた。

3月に発売になったばかりの「アボカドとトマトのサラダ」(2袋入り/110円)。にんにくやバジル、パセリのほか、タラゴンというハーブなどが配合されている。

 材料を切って和えるだけなので所要時間5分未満! さっぱりとしておいしい~。これからの季節にぴったりのサラダだ。ワインにもビールにも合いそう。バジルやタラゴンといったハーブをいちいち揃えても使い切れない気がするが、すべて配合されているので経済的でもある。

こちらはフォション社監修の下、少し背伸びした“ハレの日メニュー”を揃えたFAUTIONシリーズの「じゃがいものガレット」(2袋入り/130円)。チーズやローストガーリック、バジル、パセリなどをミックスしている。

 ガレットとは、フランスの料理やお菓子の名称で、“円く薄いもの”のこと。手作りするにはオシャレすぎて無理! と思うようなメニューだが、これも細切りにしたジャガイモと合わせて、フライパンで両面を焼くだけ。所要時間10分だ。しかもうまーい! パリパリのジャガイモは香ばしく、大人のスナックとしては最高~。

 次ページでも人気のシーズニングミックスをご紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ