• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今付き合っている彼は運命の人?

2014年6月13日

相手に条件ばかりを求めない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。コラムニストのひかりです。結婚適齢期に恋人がいると、その人との結婚を意識するものですよね。今、付き合っている恋人と結婚したいと思っている人はどれだけいるのでしょうか?

■今の彼と結婚したい?

 女性を対象に、「今の恋人と結婚を考えているか?」に関するアンケートを実施したところ、考えている人が68.6%、考えてない人が2.9%、まだ分からないと答えた人が22.9%いました。約7割の人が、結婚したいと思っているんですね。

 彼と結婚を考えている理由の中で一番多かったのは「相手への愛情」からくるもので、以下のような回答がありました。

・彼は一緒にいて楽しいし、「ありがとう」ときちんと言ってくれるから。

・誠実で真面目なところが好き。

・初めてのデートで「この人とずっと一緒にいるような気がする」と思ったから。

・食べ物や趣味の好みやお金の価値観が合うから。

 でも中には、「愛しているから結婚したい」というよりも、単に「彼の条件(年収)がいいから」という回答もありました。

 これについて、今回、じっくり触れようと思います。

■恋愛と結婚は別?

 よく「恋愛と結婚は別」だと言う人がいます。そこにある真意は何でしょうか?

 本気で人を愛してしまったら、どんなに不都合な条件であれ、一緒にいたいと願うもの。つまり「恋愛と結婚は別」だと思っている人は、「そこまで人を愛せていない」というのが一番の理由です。

 「恋愛と結婚は別」の感覚は、男性と女性では違うことも多いです。

 男性の場合だと、「“恋人(Hしたい相手)”と“一緒に暮らしたい妻”は違う」というパターンが多く、この場合の恋人に対しては、本当の愛情があるのではなく、“性欲を満たすための相手”という位置づけだったりもします。本当に相手に愛情があったら、それでも結婚に踏み切る人は多いからです。

 では、女性の場合は? というと、「“恋する相手”と“現実的に生活を共にする相手”は違う」というパターンが多いもの。結婚=生活と考え、自分の人生がより快適になるオプションとして、結婚を考えていたりします。

 要は自立できていないから、寄りかかれる相手を探しているケースです。

 でも、そんな依存心を持っている人であっても、本気で人を愛してしまったら、自分が生活費を稼いででも相手を支えたいと思うくらいパワーを持っている人は、実はいるものです。そこまで愛する人に出会ってないから、恋愛と結婚は別物と思ってしまうことも多いのではないでしょうか?

 もちろんいくら相手を好きでも、お互いに生活できる能力がないのに結婚してしまい、共倒れをしてしまうパターンがないとは言いません。だから、冷静な判断力も必要です。

 つまり、「恋愛と結婚は別」というのは、誰にでも当てはまるものではなく、自分がどれだけの能力を持ち、自立できているかによって変わります。

 言い換えれば、女性の場合、生活力を身に付ければ身に付けるほど、「恋愛と結婚は別」だと思う必要はなくなります。相手がよほど借金まみれでお金を使いまくるなど、極端な問題のある人でなはない限り、たとえ相手が安月給であっても、共働きをすれば生活はできるし、もし自分が家族分の生活費を稼げるのであれば、彼には主夫になってもらうこともできるからです。

■条件を求める人の心理って?

 結局、相手に条件ばかり求めてしまう背景には、自分がそれだけ何かを“足りない”と思っていることが多いのです。

 それは経済的なものだけに限りません。たとえ経済力のある女性でも、「ある程度肩書きのある人と結婚すれば、自分のステータスが上がる」と考える人もいます。そういう人は「今の自分の魅力のままでは、人に評価されない」というコンプレックスや、「人に羨ましがられないと、幸せを実感できない」という“幸福感の欠如”があったりします。

 その“足りない”ものを結婚で補おうとしないで、自分で満たすことができれば、相手の条件など必要なくなってくるのです。

■幸せな結婚をするには?

 好きな相手と幸せな結婚をするためのポイントは、この2つです。

・結婚相手によりかかることで幸せになろうとしないで、自分の力で幸せになる力がある。

・恋人が自分の理想とは違っても、それは自分で補いたいと思えるほどの愛情を持つ。

 恋人の持っている条件が良いに越したことはありませんが、きちんと愛情を持って、お嫁に行きたいものですね。

<アンケート概要>
実施期間:2014年5月15日~5月29日(日経ウーマンオンライン上で実施)
有効回答数:243
年齢:19歳以下 0.4% 20~24歳 5.4%、25~29歳 31%、30~34歳 28.1%、35~39歳 16.9% 40~44歳 11.2% 45歳以上 7% 

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ひかり
ひかり
コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジのコラム連載をきっかけにコラムニストに。フリー記者としても著名人インタビュー、グルメなどを取材(本名で活動)。近著に『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)。ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」は40万PV/月を獲得している。ネット番組:「ホンネのOL“婚活”日記TV」/メルマガ:「ホンネのOL“婚活”日記 番外編」
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ