• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ボーナスは、賢く“生かす”時代です!

2014年6月7日

日経WOMAN7月号、本日発売!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 夏のボーナスシーズンが近づいてきましたね。
 日本経済新聞の「2014年夏のボーナス調査」(中間集計)によると、今年の夏のボーナスの平均支給額は前年比+5.9%で6年ぶりに80万円台を回復する見込みとのこと!
 景気の回復基調を反映し、「この夏のボーナスは期待できそう!」という声が、WOMAN読者からも聞こえてきます。

 そこで今日発売の日経WOMAN7月号では、「給料&ボーナス、生かし方の正解!」と題し、大事なお給料とボーナスの生かし方を特集。
 働く女性の給料明細やボーナス事情を徹底取材して、満足度の高い使い方&賢い貯め方を提案しています。

 月々のお給料に目を転じると、ベースアップなどで額面は増えていても、増税や年金、健康保険といった社会保険料の負担増で、実際の手取りが減っているケースも。
 加えて4月からの消費増税で、毎月の出費が増えてしまい思うように貯められない…という人も少なくないはず。そんな人にとっては、ボーナスこそがリカバリーのチャンスです。

 特集では「全部使う」でも「全部貯める」でもない、この夏のボーナスの「使う」と「貯める」のベストバランスを提示。年代別に満足度の高いボーナスの使い方もリサーチしました。賢く貯めたい人向けに、おすすめの定期預金や夏のボーナスキャンペーン情報を、投資で上手にふやしたい人向けには、リスク許容度に応じたおすすめの投資デビュー方法もガイドしています。

 リアル給与明細編では、気になる“ブラック企業”の給与明細や、派遣社員が知っておきたい「給料の落とし穴」、さらに、ボーナスがない人のための“MYボーナス”の作り方も提案しています。

 読者アンケートによると、今のお給料に不満な人は約6割。「仕事が忙しい割に給料が低すぎる」「昇進しても給料が上がらない」など、様々な声が聞こえてきました。
 でも、景気が回復基調にあり、転職市場も活性化している今は、収入アップを狙うチャンスでもあります。

 特集では、こうした環境の変化を踏まえ、この先の収入満足度を上げるためのヒントも紹介しています。ページをめくりながら、お給料やボーナスの自分にとってベストな生かし方をイメージするとともに、これからの働き方やキャリアの方向性について考える機会にしていただけたら幸いです。


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐藤 珠希
佐藤 珠希
日経ウーマン 編集長
1971年宮城県生まれ。一橋大学卒業後、96年に毎日新聞社入社(記者職)。2001年ベネッセコーポレーションに転職、主婦向け生活情報誌の編集に携わる。04年日経ホーム出版社(現・日経BP社)に入社、『日経ウーマン』編集部に配属。『日経マネー』編集部などを経て、09年から日経ウーマン副編集長、12年1月から現職。家族は夫とミニチュアダックス(♂)。趣味は野球、相撲、ラグビーなどスポーツ観戦と人間観察
関連キーワードから記事を探す
キャリア&スキル就職・転職働き方副業お仕事術コミュニケーション術資格・語学マネーPC・スマホ教養・マナーウーマン・オブ・ザ・イヤー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ