• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたの知らなかった指輪の真実

2014年6月7日

もっと指輪のことを知って、おしゃれに磨きをかけましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
カクテルリング 1950年頃 ダイヤモンド、ルビー、プラチナ (所蔵先)国立西洋美術館 橋本コレクション Photo:上野則宏
ルネ・ラリック作 真珠と葉のプリカジュール 1900年頃 金、真珠、ダイヤモンド、エナメル (所蔵先)国立西洋美術館 橋本コレクション Photo:上野則宏
アール・デコのダイヤのリング 1920年頃 プラチナ、ダイヤモンド、(所蔵先)国立西洋美術館 橋本コレクション Photo:上野則宏

 誰もが当たり前のようにつけている指輪だが、実は成り立ちや種類、製法などをあまりよく知らない人も多い。指輪の意味や表現術などを知れば、上手なまとい方に磨きがかかる。国立西洋美術館で7月8日~9月15日に開催される「橋本コレクション 指輪」展は指輪の全体像をつかむ絶好の機会。大人にふさわしい指輪スタイリングを取り入れれば、薄着になっていく夏場もエレガンスをキープしやすくなる。

 「橋本コレクション 指輪」展では約300点の指輪が一挙に公開される。指輪の奥深さに触れるまたとないチャンスだ。しかも歴史的価値のある「指輪遺産」とでも呼べそうな古今の名品がそろうから、美意識を磨く助けにもなりそう。ダイヤモンドやルビーを惜しげもなく注ぎ込んだ、ゴージャスの極みと言えるカクテルリングは1950年頃の作品。ここまできらびやかな指輪をつける機会はまずないが、ボリューミーなリングは夏の装いにリッチ感を添えてくれる。ジュエルは値が張るが、半貴石やクリスタルでも十分な華やぎを呼び込める。

スカラベ 紀元前1991-1650年頃 金、アメシスト (所蔵先)国立西洋美術館 橋本コレクション Photo:上野則宏

 本展で最も古い指輪のひとつが、このフンコロガシの形をしたスカラベの指輪。4000年前の古代エジプトで尊い存在とされたスカラベをかたどった。指輪はかつて単なる装飾品ではなくお守りのような意味も持っていた。パワーストーンを選んで指に宿らせるのも、自分流の験担ぎやおまじないのような形で元気をもたらす。昆虫は近年、アクセサリーのモチーフとしても人気が出ているから、当たり前のリングに飽きたら、試してもいいだろう。

パパルリング 15世紀 ブロンズ、鍍金 (所蔵先)国立西洋美術館 橋本コレクション Photo:上野則宏

 ゴールドやシルバーが定番の金属素材だが、その他にも面白いつやめきを放つマテリアルがある。ブロンズ(青銅)はゴールドやシルバーよりも鈍い光を帯びるので、けばけばしく見えにくい。真鍮(しんちゅう)も渋い雰囲気が出る。落ち着いたトーンの装いに合わせるには、こういった少しくすんだ風合いの金属でこしらえた指輪が似合う。時を経た重みを感じさせるアンティークジュエリーも、大人の着姿になじむ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ